出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
肌トラブルで悩みを抱えている女性は、多いのではないでしょうか。特に敏感肌の方では、ご自分のお肌に適したスキンケアになかなか巡り会えない……という声もよく耳にします。中でも化粧水選びには苦労をしているとか。そこで、今回は敏感肌の方に有効な肌対策を医師に伺いました。

敏感肌の定義

出典 http://www.gettyimages.co.jp

通常では反応を示さない、次のような刺激に対しても過剰に反応し肌が赤くなったり、かゆくなったり、さらに顏だけではなく手足や体幹のヒフにまで発疹などが出てしまうことを敏感肌と言います。

<敏感肌の人が反応をしてしまうもの>
・ちょっとした温度変化
・粉じん
・花粉
・大気汚染
・マスク
・化粧品
・洗剤
・漂白剤
・化学繊維

原因は解明されていない……

出典 http://www.gettyimages.co.jp

このような敏感肌の原因は今のところ分かっていません。 おそらく、何らかのアレルギー体質が関係していたり、あるいは、ヒフのバリア機能(外部の刺激から皮膚を守る)が人よりも弱くなっていることが要因ではないかと考えられています。しかしながら敏感肌を根本から改善できる方法というのは今のところないのです。


≪最近肌にうるおいがないかも…そんな方へ≫
1分でできる【肌乾燥度】チェック!

敏感肌の方は低刺激の化粧水をこまめに使おう

出典 http://www.gettyimages.co.jp

特に顔の敏感肌に対しては、化粧水が有効です。化粧水は、顔のヒフを守り、水分を保つことで、ダメージを避け、敏感肌特有の症状を緩和します。ただ、化粧水そのもので反応することもありますので、刺激の少ないものを選んでお買い求めください。

メイク用コスメも低刺激のものを

出典 http://www.gettyimages.co.jp

仕事や外出時に長時間肌と接触するコスメも当然肌への刺激になるので、できる限り低刺激の商品をチョイスするようにしましょう。おすすめは、ヒアルロン酸を含んでいるもの。肌の水分をしっかり維持でき、肌の状態を整えてくれます。ご購入の際は、成分表をよくチェックし、保湿効果のあるものを選ぶようにしてください。

医師からのアドバイス

最近では、敏感肌専用のコスメも各種販売されていたり、対策法に関しても多数あります。いろいろと参考にして、敏感肌と上手く付き合っていけるとよいですね。ただ、なかなか改善されないなど、ご自身では対処できないときには皮膚科を受診するようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら