globeのKEIKOさんが、2011年10月24日にくも膜下出血で倒れて以来、4年振りの肉声が流れてニュースになっていますね! 

クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。全脳卒中の8%を占め突然死の6.6%がこれに該当すると言われる[1]。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる[2]。また一度起こると再発しやすいという特徴がある。

出典 https://ja.wikipedia.org

この病気が50〜60代によく起こる病気として知られていますが、globeのKEIKOさんがこの病気で倒れたとニュースで流れた時は、若い方の発病は少ないので本当にびっくりしました。彼女がくも膜下出血になったのは本当に大変でしたが、この病気は早期発見が何よりも重要で、彼女の場合は発見が早かったのが不幸中の幸いでした。 この病気は過半数の人が前兆が全く無く、突然に発病してしまうと言う恐い病気でもあります。 実際、私の父はこの病気を発病して、その日のうちに亡くなりました。あまりにも突然に若くで父を亡くしたのですが、発見がもう少し早かったら?などと後悔ばかりです。

肉声が聞ける数日前には後ろ姿も小室さんによって公開

出典 https://instagram.com

小室さんによって『桂子さん大好きなウニですね〜。食は一番興味を持ってくれます。』とInstagramで公開されています。

kEIKOさんと小室さんの初めての出会いのエピソード

そんな二人の初めての出会いは、1995年8月に小室さんが主宰する「EUROGROOVE NIGHT』でのイベントで、globeのボーカルのオーディションでの事でした。その時にちょっとしたと言うか?大きなハプニングがあった事はご存知でしょうか? ある番組の中で小室さんがその時の出来事を話されています。

オーディションで彼女の番になり、ステージに上がって来る階段で、ステージから落下してしまったKEIKOさん。小室さんの目の前でひっくり返ってしまうと言うハプニングがありました。

ハプニングを計算だったとダウンタウンに突っ込まれるKEIKOさん

出典 YouTube

最初の出会いがステージから落ちてしまい、それを見られてしまうと言う、自分だったらとても恥ずかしい出来事ですが、彼女は堂々を何事も無かったように、歌を歌い上げたそうです。 ハプニングから始まったKEIKOさんと小室さんのお二人ですが、クモ膜下出血という更に大きなハプニングに負けず、リハビリで元気なお姿が見れる事を願うばかりです。頑張って下さいKEIKOさん。

この記事を書いたユーザー

ちびか〜ちゃん このユーザーの他の記事を見る

http://ameblo.jp/48chibiakemi/

『ちびでございます・・・』というブログを書いています。
身長143センチしか無い鹿児島出身のちびか〜ちゃんが
アリゾナから山あり谷ありの珍騒動を絵日記でお届け中!
色んな事や物に興味をもって、気になるととことん調べたくなるタイプです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス