赤い箱と青い箱。その箱を見ると記憶が子供の頃に戻ってしまうほど、懐かしい趣が今も変わらずにロングセラーし続けている石鹸といえば、牛が目印の牛乳石鹸ですよね。皆さんきっと見覚えがあるかと思います。

ロングセラーだからこそ日本人の肌をよく知っている!

昭和初期に発売され、赤いパッケージカラーを変えずロングセラー。長きに渡って人気をささえるのが、やさしさにこだわった牛乳石鹸独自の「釜だき製法」です。古くからの手づくりの良さを受け継ぎ、機械化できない大切な工程を職人が手間暇かけて作っています。

丁寧に作り、石鹸の優しさを守り続けている品質の高さに加えて、一箱100円(希望小売価格)という安さも魅力ですよね!赤箱と青箱の2種類、この違いはご存知ですか?

【赤箱】やさしいローズ調の香りで、しっとり。

出典 http://www.cow-soap.co.jp

洗い上がり:
しっとりすべすべのなめらか美肌に洗い上げます。
泡立ち:
クリーミィな泡立ち。
うるおい成分:
ミルク成分(乳脂:お肌の保護成分)とスクワラン(うるおい成分)配合。
香り:
やさしいローズ調の花の香り。

出典 http://www.cow-aka.jp

しっとりとした洗い上がりが特徴ですね。

【青箱】爽やかなジャスミン調の香りで、さっぱり。

出典 http://www.cow-soap.co.jp

洗い上がり:
さっぱりすべすべ肌に洗い上げます。
泡立ち:
ゆたかでソフトな泡立ち。
うるおい成分:
ミルク成分(乳脂:お肌の保護成分)配合。
香り:
さわやかなジャスミン調の花の香り。

出典 http://www.cow-aka.jp

さわやかでさっぱりした石鹸らしい使い心地ですね。

ミルクバターが肌の潤いを守る!

赤箱と青箱どちらにも配合されているこのミルク成分とは、ミルクバターのこと。ミルクバターは新鮮な牛乳からつくられており、お肌をなめらかにし、キメを整えます


そして、最近話題になっているのは牛乳石鹸がニキビ予防に効果がある?!ということです。気になるニキビ予防にはどちらが利くのでしょうか。

それは使用する方の肌質によるもので、潤いが残る赤箱で乾燥ニキビを予防したり、さっぱりとした仕上がりの青箱で脂っぽくなりがちがお肌を整えることができます。ご自身の肌に合わせて、選ぶことが大切ですね。

ニキビのない健やかな肌作りには正しい洗顔が大切!

ニキビ予防にとって一番大切なことは、お肌を健やかに清潔に保つことです。新鮮な牛乳から作られる牛乳石鹸に含まれる成分は、余分な汚れを除去し、お肌を保護してくれます。洗顔を丁寧にすることで、肌の本来持つ美しさへと導きます。

準備

① 髪の毛をきちんとまとめる。
生え際までしっかり洗えるように、髪の毛はまとめましょう。シャワーキャップの場合は、洗い残しのないように生え際にゴムの部分がかからないようにします。

② お化粧をきちんと落とす。
メイクをしている場合は、洗顔前にクレンジング料でメイクを落としてから顔を洗いましょう。アイメイクや口紅は、丁寧にやさしく落とすことがポイントです。

出典 http://www.cow-aka.jp

洗顔の前の準備で、洗顔効果が変わるので、ここでしっかりと準備が大切です!準備が終わったら早速洗顔です。いつもの洗顔方法は、パパっと簡単になっていませんか?正しい洗顔でニキビを予防しましょう。

③ 石鹸を泡立てる。
手が汚れていると泡立ちにくくなるので、まずは手洗いを。石けんが溶けやすいぬるま湯で石けんと手をぬらし、手の中で転がして溶かします。水を少量加えながら、空気を含ませるように泡立てます。

④ たっぷりの泡で洗う。
泡を肌にのせて、指の腹を使って泡で肌を包み込むようにやさしく洗います。顔の中心から外に向かってゆっくりと、泡が手と肌の間のクッションになる状態を意識して洗いましょう。皮脂の多い額や小鼻のまわりなどのTゾーンから洗うのがおすすめです。

⑤ 丁寧にすすぐ。
ぬるま湯で泡をきれいに洗い流します。肌をこすりすぎないように、やさしく丁寧に。すすぎ残しは肌トラブルの原因になるので、髪の生え際やフェイスラインに泡が残らないように気をつけましょう。熱すぎるお湯は肌に負担をかけ、冷水だと毛穴が閉じてしまうので、温度にも気をつけてください。

⑥ 優しくふき取る。
繊維の柔らかい、肌触りのよいタオルで水分をふきとります。ゴシゴシとこすって肌に刺激を与えないようにするのがポイントです。あとは、化粧水や乳液などで肌を整えてあげましょう。

出典 http://www.cow-aka.jp

ついつい簡単に終わらせてしまう洗顔工程も、しっかりと石鹸を泡立て優しく洗い、しっかりと洗い流すことで驚くほどに肌が生き返りますね。

顔だけでなく、背中ニキビも予防!

ニキビは顔だけに出来るわけではありません。汗をかきがちな背中もぶつぶつと出来がち。しっかりと石鹸を泡立てて、背中も美しく保ちましょう。

ニキビを予防する一番の近道は、丁寧に作られた製品を使用し、お肌を丁寧に扱うことにあるのかもしれませんね。昔懐かしい牛乳石鹸のロングセラーにはやはり意味があったのですね!

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら