毎度~


夏真っ盛りやね~
今日も30℃オーベーなんやけど涼しく感じるくらい、ここ数日は地獄の猛暑やからね~

そんな時はやはり、冷やし系のメニューーが体に優しく心地ええね~
ということで、近頃流行りの有名ラーメン店監修のコンビニ冷やし麺を食べ比べてみました~

蔦監修 冷し醤油ラーメン(トリュフオイル入り)…480円

サークルKサンクス提供

ミシュランビブグルマンに選出された巣鴨の人気行列店「蔦」監修の冷しラーメンやね。
蔦さん、少し前にテレビ放映しとった「ラーメン大好き小泉さん」にも出とったね。

盛りつけビジュアルはこんな感じで、全粒粉入りっぽな麺が映えるね~
正直、「トリュフオイル入り」とか言われてもサッパリ分らんかったけど、普通にウマシングやね~

同時発売しとる「煮玉子むすび…138円」とセット購入すればストマックキャパシティ含めて満足できると思います~

千里眼監修 冷しまぜそば…498円

ローソン提供

ジロエボ系大行列店「千里眼」の「冷しまぜ」そばやね。
こちら、千里眼が元祖のジロエボ系「冷やし中華」をコンビニ仕立てにしたメニューやね。

ふたを開けると、鶏チャーシュー,トマト,辛玉,野菜等、千里眼さんの「冷やし中華」を忠実に再現しとる構成やね~
さて、味のほうはどないやろ?

盛りつけたビジュアルはこんな感じ。
味自体は、「おろしニンニク」を入れることで、かなりパンチの効いた冷しまぜそばになるね~
ニンニク効果からかも知れんけど、ここ最近のコンビニ冷し系で一番好みかも知れんね~

富田治氏監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺…480円

セブンイレブン提供

前2品と違うのが、こちらはお店ではなく「富田治氏」監修となっとることやね。
個人名で勝負出来てまうところが、世界一のつけそば職人たる由縁なんよな~

味自体は、節系先行の濃厚魚介つけ麺って印象やけど、コンビニ系でここまで仕上げてくるなんて凄いね~

特に凄いのが麺。
普通にお店で食べるのんと変わらんのやないかね~

以上、行列店の3品を食べ比べてみたけど、どれもコンビニ系とは思えん出色の出来やね~
んまぁ、本店で食べるメニューには遥か遠く及ばん感も無きにしもアラブ首長国連邦やけど、夏の食事の選択肢に入るメニューであることは間違いないやろうね~

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら