メジャーシャンプーにダメージ成分あり!!

出典 http://ameblo.jp

愛読誌であるLDKでも度々記事として見かけるのがコチラ。
「メジャーシャンプーにダメージ成分あり!!」ご存知の方も多いかもしれませんが、そのダメージ成分とは、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」の事です。結構衝撃的なのですが、まだまだご存知ではない方も多いという事でしたので、まとめました。
私も専門職ではなく、多くの美容師様方から伺った事等のまとめになりますので、賛否両論あるかもしれませんが、一つの考え方、分析方法としてご覧ください。

シャンプーに求める事は何ですか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「シャンプーに求める事は何か」といった街角インタビューを何度か見た事があるのですが、「泡立ちがよくてすっきりと洗える」と答える方が多いですよね。これこそが「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」の成分の結果がもたらすもの。
泡立ちが良く適度な洗浄性があって、洗い上がりがスッキリしますが、同時に刺激性も若干あるので、肌が過度にデリケートな方は、使い続ける事により、地肌にかゆみを感じる方もいらっしゃる様です。

「ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na」について。「ラウリル硫酸Na」はアニオン界面活性剤(洗浄剤)の一種。 「ラウレス硫酸Na」は「ラウリル硫酸Na」の刺激性を緩和した成分だそうなので、「ラウリル硫酸Na」の方がより刺激が強い様です。

売り場に多く並ぶシャンプーをみてみた!

出典 http://ameblo.jp

市販のシャンプーに何が入っているのか、成分を見てみましょう。ちなみに成分の量が多い順に成分表記はなされています。

有名なシャンプー。成分をみてみます。

出典 http://ameblo.jp

やはり水の次に多く、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naは入っている様です。ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naはシャンプーの合成界面活性剤で、実は刺激と毒性が強いといわれています。

皮膚から有害性のある化学物質が吸収される。

出典 http://ameblo.jp

特に危険であるといわれる理由は、分子量が非常に小さいので、肌の中に浸透していきやすいという事。「経皮毒(けいひどく)」になる可能性もあります。これはよっぽど使った場合だとは聞いていますが、経皮毒とは皮膚から有害性のある化学物質が吸収される事。長い目で見れば良い事はなさそう。

洗浄力が強いのは嬉しいポイントだが。

出典 http://ameblo.jp

洗浄力と脱脂力(油分を奪う力)が強い為、よく泡立ってさっぱりと皮脂や汗、汚れを取り除いてくれるという嬉しいポイントはありますが、同時に必要以上に頭皮から皮脂を奪ってしまうことにより、頭皮が乾燥して、地肌や毛穴も痛める事になりそうです。頭皮を守ってくれる物質までがはがれ、その結果、抜け毛や薄毛、フケやかゆみといった症状が出る場合もあるそうです。

洗っても洗ってもフケやかゆみが止まらない?

出典 http://ameblo.jp

洗っても洗ってもフケやかゆみが止まらないという人は、汚れが落ちていないのではなく、逆に強い洗浄力で皮膚を痛めている可能性も考えられます。ちなみに「髪の毛」はタンパク質を多く含んでいますが、こういった化学薬品などの影響で分子が破壊され、構造が壊れてしまう状態「タンパク質変性」が起きる場合も。「タンパク質変性」が起きると、手触りが硬くなり、串通りが悪くなったり、髪質自体を痛める事もあるのだとか。

あなたのシャンプーは大丈夫?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

乾燥肌や敏感肌の人は特に気を付けた方がいいと思いますし、シャンプーの成分が与える影響については考えた方がいいのかもしれません。自分の目で確かめて、自分の為によい選択をされて下さい。ちなみに市販のシャンプーではなく、美容室等で販売されているシャンプーの成分も是非ご覧になってみて下さい。

ハゲを促進するシャンプーの見分け方

こんなツイートもありました。やはり…。

タンパク質変性についても。

元に戻らない事等、波紋を呼んでいる。

こんな事例もある様です。

やはり成分って大事なんですねぇ。

市販だと難しいシャンプー選び。

市販だと殆ど入っているんですよね。

ノンシリコン=大丈夫でもない。

ノンシリコンのシャンプーには入っていないものも多くはありますが、全部が全部そうでもない様です。

合うシャンプーは人それぞれ。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今回は「ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na」についてまとめましたが、代表として紹介をしただけで、他にも有害と言われている物質もあります。また、こちらに書かれている事は間違いである。きちんと洗い流せば大丈夫であるといった説もあるので、一概にここにまとめた物が全てではありませんが、ご自分でも調べて、判断してよい選択を是非されて下さい。髪質にあったシャンプーを選ぶのが一番だと思います。

この記事を書いたユーザー

外村 美姫 このユーザーの他の記事を見る

以前はしまむらの記事を執筆していました。

得意ジャンル
  • グルメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら