海外では結婚式を挙げる際に、花嫁さんは「bride's maid(ブライズメイト)」という付添いを友達や姉妹などの親しい人に頼む習慣があります。

ブライズメイトとは?

ブライズメイド(bride's maid)とは、花嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのこと。主に花嫁の友達、姉妹、親族で、未婚の女性が務める。バージンロードで花嫁に先立って入場し、花嫁の身の回りの世話をするアテンドの役割もする。白以外のお揃いのドレスを着てブーケを持ち、花嫁に華を添え引き立てる。ドレスは新婦が用意してプレゼントすることが多い。

出典 http://wedding.dictionarys.jp

一般的にブライズメイドは2~5名程度選ばれるが、人数が多いほどステイタスが高いとされる。ブライズメイドの中でも一番花嫁と親しい、代表的な立場の女性をメイド・オブ・オナーと呼ぶ。一方、花婿側の代表をベストマンと呼ぶ。

出典 http://wedding.dictionarys.jp

誰も花嫁の付添いを務めるのに決して遅すぎるという事はありません!クリスティーン・クインさんは89歳のベティおばあちゃんに彼女のブライズメイドになってくれないかとお願いをしたそうです。

このクリスティーンさんのお願いに、ベティおばあちゃんも初めは本当にを引き受けてもいいんだろうかと悩みました。

「彼女(ベティおばあちゃん)は私に”本当にいいの?”、”何でこんな年老いたおばあちゃんにお願いするの?”と10回以上も聞いたのよ!」とハフィントンポストの取材で語っています。

出典 http://www.sunnyskyz.com

とっても素敵なベティおばあちゃん!とても幸せそうですね!

クリスティーンさんは「おばあちゃんは結婚式の間じゅうずっと皆を笑わせてくれたり、面白いコメントを言ってくれたりとても盛り上げてくれたのよ。」と語っています。

「おばあちゃんは私の母に”お家に帰る”と言ってまでパーティーバスに乗って、一晩中踊り明かしていたの。そして彼(新郎)のおばあちゃんと一緒に踊っているのを見た時はとても嬉しい気持ちになったわ。本当に楽しかった!」

出典 http://www.sunnyskyz.com

そして、ベティおばあちゃんはこう語っています。
人は年を感じた時に年を取るの、今日私はとても若い気分だわ!

クリスティーンさんにとってもベティおばあちゃんにとっても忘れられない素敵な思い出になった事でしょう。素敵なおばあちゃんがいてとても幸せそうなクリスティーンさん、そして優しい孫がいるベティおばあちゃんのような関係を築いていけたらいいですね。皆さんもいつも小さい頃から見守っていてくれたおばあちゃん・おじいちゃんを大切にして、時には一緒にお出掛けをしたり楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事を書いたユーザー

~裏ワザ・情報まとめ~ このユーザーの他の記事を見る

ライフハック・ゴシップ・画像まとめetc
色々な情報を発信していきます!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス