出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
あなたの手は湿っていますか? それとも乾いていますか? 他人と握手をしたとき、あるいは、手をつないだ時、相手の手が湿っているな、あるいはすぐに手汗をかいてしまい握手をするのが恥ずかしい…と思ったことはありませんか?

今回はそんな“手汗”について見ていきたいと思います。

■ なぜ、人にとって手の湿り具合が違うの?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

手の湿り具合は、一般的に周りの湿度や温度で決まっています。また、年齢とともに、手の湿り気はなくなってきますが、(赤ちゃんと、おじいちゃんおばあちゃんを比べてみてください)、同じ環境、あるいは同年代でも個人差があるのは何故でしょうか? まずは、どういう状況下で手が湿るのかを見ていきましょう。

<手が湿る原因>
手が湿るのは、汗のせいです。手のひらに汗をかくと、手が湿ります。この汗は、物をしっかりつかむ上で非常に大切な役割を果たしています。ですので、気温や湿度だけでなく、他の原因でも制御されています。

それが、自律神経の働き。 緊張したときに、手に汗をかいたことは誰でも経験があると思いますが、この状態では交感神経が優位になっている、という証でもあるのです。交感神経は戦いの際に出るシグナルですから、戦いにおいて、ものをしっかりつかんだり、手の滑りを防ぐために汗をかくようになっているのです。

■ 異常な手汗は病気だった!?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

いっぽうで、交感神経が活性化する必要がない場面でも常に湿っている人がいます。人によっては、汗をかきすぎて逆に手が滑りやすくなるという人も。これは「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」という病気の可能性があります。

異常な交感神経の働きによって汗をかき、気持ちを落ち着かせてもあまり効果がありません。 このような場合は、手術で脇の下にある、交感神経幹、という交感神経の元栓を閉じてあげることで症状が緩和されます。


≪緊張すると、異常な汗が・・・≫
1分でできる無料診断で多汗症をCHECK

【医師からのアドバイス】

手汗のメカニズム、ご理解いただけたでしょうか。これからは、手のひらの湿りを今まで以上に気にしてみてくださいね。思わぬ病気が隠れているかもしれません。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス