夏休みに入り、家族・親族集まって食べるのはやっぱりお寿司ですね。外で食べるクルクル回るお寿司もいいけれど、大人数で出前をとって好きなネタを選びながら頂くのも楽しみの1つです。


家族が集まる週末には酢飯を用意して具材を並べて、好きな具材を巻き込んだ手巻きも美味しい。子供も好きな、大人はちょっとお酒の締めに嬉しいのは巻き寿司かなと思います。


自分で酢飯を作るのはちょっと緊張の一瞬です。味が薄かったり、なんだか甘かったり。


難しそうな酢飯。よーし、今度はすし酢を買わずに自分で作ってみよう!

これ覚えておこう!「4・2・2」か「2・1・1」

米の量は2合分が4:2:2、1合分が2:1:1と覚えます。

酢・砂糖・塩の配合を覚えておくと、2~4人家族で少量食べたいな・・という時に便利です。



塩の量はあまり減らすと、結局しょう油をつけたくなるので減らさないようにした、しっかりめの酢飯です。

覚えやすい酢飯

出典 https://oceans-nadia.com

※ 酢・砂糖は大さじ、塩は小さじを使用。

【2合の場合】

米酢   大さじ4
砂糖   大さじ2
塩    小さじ2


【1合の場合】

米酢   大さじ2
砂糖   大さじ1
塩    小さじ1



【作り方】
1 酢・砂糖・塩を混ぜておく。 米を炊飯する(気持~ち水を少なめに。)

2 炊き上がった米が熱いうちに別の容器にうつし、合わせ酢をまわしかけ、切るように混ぜる。

米が水っぽくならないよう、熱いうちに合わせ酢をかけ切るように混ぜ合わせましょう。

具材いろいろ混ぜご飯にも

出典 http://ameblo.jp

これだけ覚えると、あとは何でも作れます。しっかりしたお味なので味もボケたりしません。具材いろいろ混ぜご飯もオススメです。

みんな大好き干ぴょう巻きも

出典 https://oceans-nadia.com

シンプルで素朴な干ぴょう巻きやかっぱ巻きにも、この酢飯はとっても合います。



簡単混ぜるだけでできる酢飯は夏のご飯にオススメです。お料理はプロでなくても愛情があれば、とっても幸せになりますよね。

一度作ったら、あとは自分でアレンジ。酢を減らしたり、塩を減らしたりと自分好みへと変化させてみてください。




ぜひ手作りで酢飯、お試しくださいね。

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら