7/12(日)に放送されたワイドナショーB面で『夏の映画が熱い!』というテーマで今年の夏映画を紹介しに来た映画コメンテーターの有村昆さん。まずはいかにこの夏の映画が凄いかを熱弁するが…。

なんと有村昆さんは年間500本の映画を観る為に、同時に3本観るという偉業を成し遂げているとか!
しかし、この方法に対して同席していたまっちゃん、中居くん、ヒロミさんは猛反対で、有村昆さんに質問攻め。

問題の動画はこちら!

出典 YouTube

そして終いには…
「絶対参考にしない」
「そんな人間にはなりたくない」
「人としての在り方の問題」
「あなたに勧められた映画は絶対に観ない」
などの言われよう。。。
もはや人間批判までの領域に達してしまいました。

映画の観方は人それぞれ。ただ同時に3本って観てるって言えるんでしょうか?

有村昆さんのように映画を仕事にしている方にとっては、この『映画同時3本観方』でないと追いつけないという理論もわかるんですが、ただ果たして2時間~2時間半の作品の内容をちゃんと理解できるんでしょうか。
番組内でも言っていましたが、片方ではホラーで絶叫、片方ではヒューマンでしんみり、片方はサスペンスでハラハラドキドキ…他の映画評論家やコメンテーター、映画関係の方もそういう観方をしているの?と疑問視してしまいます。

皆さんはこの『映画同時3本観方』をどうお考えになりますか?

この記事を書いたユーザー

なかぁた このユーザーの他の記事を見る

映画好きライター。東京都出身の帰国子女。アメリカ、奈良、千葉、福岡を転々する。
趣味は映画鑑賞、読書、美術鑑賞、演劇、ライブ、フェス。
ライターのご依頼はmarikonakata.sw@gmail.comまで!。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス