あの人、知ってるな〜…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

うちの子達を公園で遊ばせていた日、砂場に入ったら知ってる顔のひとがいた。あまりに顔が小さくてきれいだったから、誰の目にも芸能人だった。(見つめないようにしながら)よーく考えたら、わたしが青春時代に人気のあったアイドルだった。

たぶん、名前とエピソードをいくつか言えば、同年代のひとたちはほとんどが知っていると答えるひと。

周りも遠巻きにチラ見していた

そうか…この人アイドルのYさんだ!と気づいたら、確かにチラチラ見ている人が何人か……正直、回れ右して帰りたいほど気まずかったけど、私の右手にはイヤイヤ期真っ盛りのムスメが。
お砂場から遊ばずに撤退なんてしたらどうなるか……私は腹をくくった。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

Yさんのお子さんは3歳くらい。いい服着てるゥ!やめろムスメちゃんやめろ!砂をかけるんじゃない!蝉の抜け殻をアイドルに自慢するんじゃない!!などと、心で焦りながら、なるべくいつも通りに振る舞った。おとなだし。

「かーして、できるかな?」「おにいちゃんにそんなことしちゃダメよ!」「すいません〜いま蝉の抜け殻が宝物で…」など、砂場の母親同士のごく普通の会話…のような会話にはなっていないような。

すごいいい人だなあ…

なんども話しかけに来るボランティア老人にもにこやかだし、こどもにも「どうぞできるかな?」「そんな風にしたらダメよ!」としっかり言い聞かせてる…この人ちょっとおバカアイドルが売りじゃなかったっけ?

そんなことを思わせる、しっかりしたいい人。いいお母さん。素敵でおしゃれで…。
小一時間ほど遊んで別れたのでした。

後日、気づいた。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

なんで、こんなふつーの公園にわざわざ来てたんだろ?用事があって…とは言っていたけど、水遊び道具とお砂場道具を持って、区を跨いでまで…。

わたしの母は、「地元では遊ばせられないんじゃないの?」と。こども同士の遊びって、砂をかけたの、押したの、噛み付いたのなんてトラブルが絶えないもの。でも、ご近所でそうしたトラブルがあると、芸能人だから…と、余計に注目される結果になるんじゃない?という。

それだけじゃなく、近所のよくいく公園がわかってしまえば、子どもの写真の盗撮なんかも心配だろうし、誘拐のリスクすらあるかも。

いい人…でいなきゃいけないんだ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

Yさんは、子どもを守る為、バッシングを避けるため、常にいい人でいなきゃいけないんだ。私よりはるかにお金持ちだろうから、気軽にタクシーを使えるとはいえ、水遊び道具とお砂場道具をもって、はるばる……。

うーん、なんて大変なんだろう。

後日、テレビのワイドショーで、たまたまYさんを見かけた。離婚危機⁉︎なんて取り沙汰されていたそうな。知らなかったなー…なんてのんびり考えていたけれど、これって、子どもの前で「ねぇ、ほんとはどうなの⁉︎」なんて聞いてくる人もいるかも…ってことなんだな。

芸能人子育てって、とっても繊細で大変なことなんだなぁ…なんて、いまさら実感した出来事でした。

ところで…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

Yさん、蝉が幼虫の間、土の中で過ごすって知らなかったみたいだけど、それこそ演技…ですよね⁉︎

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス