宙玉(そらたま)って聞いた事ありますか?まるで被写体が玉の中に閉じ込められて宙に浮いている様に見える、とても不思議で魅力的な撮影方法です。
魚眼レンズのように広範囲を撮影する事ができ、背景はボケて、玉の中の被写体は逆さまになる・・その為、ちょっと不思議な世界を写しとる事が出来るのです。
この宙玉が、今、密かなブームになっているのをご存知でしょうか?

宙玉の生みの親は、実験写真家の上原ゼンジさん。
最初は自作して自分だけで楽しんでいたそうですが、その魅力を知ってほしいと作り方を公開したり、工作が苦手な人の為に購入できる様にしたりしたそうです。

宙玉を楽しむ方法は大きく2つあります。まず1つ目は自作する「工作宙玉」

出典 YouTube

2つ目は、購入する方法です。

自作している方の中には、レンズの数を変えたり、玉の素材を変えたり、水中で撮影できる様にしたりして、楽しんでいる人もいます。宙玉写真では、普通に撮影するだけでは作り出せない、個性的な世界が魅力的です。

いつも見ている風景が、まるで別世界の様になって面白いですね。

写真を撮る機会が増えるこの季節、宙玉で、いつもと一味違った写真を撮ってみてはどうでしょう?

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス