突如、新聞・雑誌に謎の求人広告が掲載された

実際の謎の掲載求人広告↓

出典 http://www.sagami-gomu.co.jp

突如現れた、謎の求人広告は、コンドームでお馴染みの、サガミオリジナルのグローバルキャンペーンの求人広告だったが、
当時の求人広告は謎のままで、「主演募集」「遠距離恋愛中の男女」「スポーツに自信のある方」「ギャラ200万円」「LOVE DISTANCE制作委員会」とだけで、すべては謎のままだった。

謎の求人広告で選ばれたのは、遠距離恋愛をしているカップル2人

誰が何のためにやるのか謎のままでしたが、200組を超える応募があった。
そのオーディションで選ばれたのは、遠距離恋愛をしている東京(女)-福岡(男)間カップル2人だけでした。

そして、このカップルに依頼された内容が、出会うまで、実際に走ることでした。

2人は出会うまで1000kmを走りはじめることに

まず、2人は携帯電話を取り上げられ、連絡手段は、深夜のテレビ電話とブログのみ。
さらに、2人が連絡を取れるのは、毎日23時から10分間のみという制限つき。
2人が走り続ける様子はインターネット上で生中継され,
この謎のキャンペーンともあって、テレビのワイドショーなどでも大きく取り上げられ、話題となりました。

そして…約1ヶ月後のクリスマスイブに感動の再会を果たす

約1ヶ月後のクリスマスイブに1000kmを走り抜いた2人は、中間地点の大阪城で再会する約束をします。
そして、1ヶ月ぶりに再会した2人が抱き合った瞬間、生中継されていたインターネットサイト上で、LOVE DISTANCEは、サガミオリジナル002のキャンペーンだったことが明らかにされた。
2人の軌跡は、WEB上で世界中に発信されました。日本ではテレビCMとして放映され、日本初のゴールデンタイムに放送されたコンドームのCMとなりました。

このCMは海外・国内の広告賞を総なめにした

受賞した主な広告賞
■カンヌ国際広告祭 フィルム部門:金賞 PR部門:金賞■アジア太平洋広告祭 サイバー部門:グランプリ フィルム部門:銀賞■One Show Interactive Microsites Campaign部門:銅賞■D&AD Digital Advertising Campaign部門:Yellow Pencil
■文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門:優秀賞■ACC (社団法人全日本シーエム放送連盟) テレビCM部門:ゴールド(第3位)■TIAA (Tokyo Interactive Ad Awards) Webサイト部門:銅賞 インテグレーテッドキャンペーン部門:銀賞

■ロンドン・インターナショナル・アワーズ Digital「Weird Wonderful Work」部門 :金賞 Television/Cinema/Digital/Web/Mobile Winners「Cosmetics/Toiletries/Pharmaceuticals」部門:銀賞

出典 http://www.sagami-gomu.co.jp

二人の走り抜いた1000kmは、約10億ミリと、その愛の尊さを演出する、全世界の人たちの胸を打つ、感動のCMとして、見事に昇華され、感動の嵐を世界中で起こすCMとなった。

今でも感動するサガミオリジナルのCM↓

出典 YouTube

出典 YouTube

6年前に作られたCMは、今でも感動できるとCMの名作に

二人の一ヶ月にわたる軌跡をまとめたTVCMは、2009年カンヌ国際広告祭フィルム部門で、日本では13年ぶりとなる金賞を受賞した以来、今でも心から感動できると、CMの名作になっています。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス