痴漢、盗撮、セクハラに関するニュースをよく目にします。

自分が住んでいるシンガポールでは、こういった類のニュースは少ないけど、なぜ日本ではこういった性犯罪系の事件が多いのか?

ある時、真面目に考えてみて(時間の無駄)、「基本的に海外と日本では女性の肌や下着の露出度が違うからかもしれない」という結論に達したので、自分が住んでいるシンガポールでのブラジャーの存在感を、日本のそれと比較して解説します。

まず、当たり前ですが日本にもブラジャーは存在しますよね。ただ、それらが表舞台に晒されることはほとんどないです。

いくら日本男児たちが、日本で女性が着ているブラの色や形状を「確かめたい、とっても確かめたい(興奮気味で)」と望もうが、ブラはいつも女性の服の中にすっぽり隠されており、それを確認するのは至難の技・・・というか、やり過ぎると痴漢でタイーホされます。

日本では洗濯された後のブラも、いつも乾燥機行きか、部屋内乾燥行きではないでしょうか?日本のデパートの下着売場だって、男性がその区域に一人で入ると、極めてKY(若しくは変態?)になる雰囲気が、むんむん放たれております。

以上より、日本のブラジャー存在感を、勝手に男性目線で数字で表すと、10%くらい?(数字は適当です)ということになります。

一方、シンガポールではブラは、服のファッションと同じように、「見せびらかしているのか?」と思われる程、強調されています。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

(こちらのイメージは雨に濡れていますが、雨に濡れていなくても正面から透けて見えることが多々あります。)

過激ファッショナブルな女性は街を歩いていて、いかにも「見て見て私のブラかわいいでしょ?」と心の声が聞こえきそうな・・・そんな感じですかね?

で、話は少し逸れますが、自分だって男の端くれなので、エロ画像を検索することくらいはあります。

以前少し検索してて驚いたのが「女性の背中のラインのくっきり画像集」みたいなのがあって、そんな画像で興奮できる日本男児がいるみたいですね。

フェチは人それぞれですが、主観的には背中のライン如きで何で興奮できるのか全く以って理解できません。そんな変わったフェチ持ちの男性はシンガポールに来てみて下さい。

シンガポールのシティエリアではオンラインではなくオフラインで背中のラインくっきりどころか背中の生ブラが高確率で見れます。その代わり変なことをすると、すぐタイーホされると思います。









出典 http://www.gettyimages.co.jp

(これはアウト。間違いなくタイーホされることでしょう。)

このような行為をして、シンガポール警察にタイーホされると、一体どうなるのか?

「鞭打ちの刑にあいます(SMなんてレベルじゃないです)」

この鞭打ち刑が執行される動画を、以前友人から見せてもらったことがあるのですが、見ていられませんでした。

何度も同じ個所を鞭打たれて、皮膚が割れ、傷口から血が噴き出していました。受刑者が死なないように、医師の立ち合いの下行われるそうですが、死んでしまうこともあるそうです。

あと、特にシンガポールには「美人な女性が極めて少ない」ということも強調しておきたいです。日本とは違い、お化粧をしてない人も多いので、単純には比較はできないですが、始めてシンガポールに来た男性は、間違いなくがっかりするはず。

シンガポールでの、洗濯後のブラジャーの取り扱いについて。

シンガポールは言わずと知れた常夏の国。洗濯された服は乾燥機など使わずお外に干すのがデフォルトです。

流石にブラジャーとなると室内干しも多いですが、HDBと呼ばれるシンガポールの公団住宅では、外干しされてる下着が落っこちてくるということも稀にあります。

自身もHDBと呼ばれる公団住宅の一部屋に住んでいます。シェアメイトには女性もいるのですが、彼女たちは共有スペースに平気でブラやパンツやらを干しています。

最初は「過激だな・・」と思ったのですが今は何とも思わないです。多分今は、ルームメイトの中では自分の下着だけが部屋干しです。男としては非常に情けないですね。

また、シンガポールのショッピングモールでは、こんな感じの下着屋さんが、まずモールに入ると目に付く形で配置されている事が多いです。

友人とモールと歩いている時、その友人が女性か男性かに関わらず「これ絶対少子化対策だよね?(シンガポールの出生率は約1.2と日本より低いので)」なんて言いながら、通り過ぎます。

以上から、シンガポールにおけるブラジャーの存在感は、日本のそれを10%とすると限りなく100に近い数字になると思います(数字は適当です)。

しかしながら、やはりシンガポールには美人な女性が少なすぎるので、本当に飢えている殿方(とのがた)は、性に開放的なイタリアやギリシアなどのヨーロッパに行った方が良いかもしれないと思いました。

この記事を書いたユーザー

Xin(しん) このユーザーの他の記事を見る

シンガポール在住5年目に突入しました。ブログ(http://www.sinlog.asia/)書いています。海外旅行、語学学習、お笑いに興味がありますが、雑多にまとめていこうと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス