●学校にいくのが辛い子どもたち

学校に行けない子どもたちは、少なくありません。
クラスメイトと上手くいかない。
先生と上手くいかない。
様々な事情を抱えながら、萎れそうな心に鞭打って、今日もとぼとぼと学校に向かう子どもたち。

●浮きこぼれさんの憂鬱

特別、勉強をしなくても、独学で学校の勉強程度なら難なくクリアしていく子供さんがいます。
こういう子どもたちにとって、学校は、あまりにも退屈なところなのだということを判ってあげてください。


精神年齢も学習面も、ずっと「幼い」他の子どもたちに混じって一人「大人に近い」精神構造を持ってしまった子供。


孤独と異質感が、彼ら彼女らを追い詰めます。

学校の先生にとっても、あまりにも頭のいい子は「扱いにくい子供」にしか思えないという事実が、居場所をなくしてしまうのです。

●同じ「不登校児童の親」からも疎まれる

「学校に行かなくても勉強できるからいいわね」
「頭が良すぎて、みんなをバカにしているの?」

このタイプの不登校児童の親御さんたちは、同じ不登校児童の親御さんグループからも、はみ出してしまいます。


相談しても「贅沢なことを」と一蹴されることがあり、また、勉強ができるのに学校に行かないなんてわがまま以外の何物でもない、と叱咤されることすらあるのです。


でも考えてみてください。
大人のあなたが小学校1年生と混じって「あいうえお」から勉強して、耐えられますか?
嫌になりますよね。

裏技を使って出席日数を稼ぐ!

義務教育の間は、保健室に1時間でも居れば、出席になります。

もちろん「遅刻」「早退」はつきますが、そんなもの欠席に比べたら、屁の河童でございましょう。


そしてとても重要な事ですが、親御さんは、学校に乗り込んでいくような真似はしないほうが得策です。
静かに沈黙を守り、我が子が不登校という選択を選んだことに罪悪感を持たないようにしようではありませんか。


学年末に多分「話し合いを…」ということになった時、はじめて思いの丈をぶちまければよいのです。


子供可愛さに、あれこれ口出しをしてしまったが故に、モンペ認定されてしまっては、こちらの言い分が担任のところだけで停まってしまい、学校の問題にはならないからです。

「いい学校に行って、先生也同級生を見返してやる」という動機でもいいのです。
「過去の自分をリセットしたい」でもいいのです。


子供さんにふさわしい学校を見つけ出してあげましょう。


できれば、トップクラスの進学校が望ましい。
なぜなら、同じレベルの子がいると、会話が成り立つからです。


居場所を見つけましょう。
あなたが居るべき場所はかならずあるのですから。

あなたが手に入れた知識は、いつもいあなたの味方です。
そして最大の武器になることでしょう。


どうか、親御さんは見守ってあげてください。
あなたの子供の可能性は、今花開こうとしているのですから。

この記事を書いたユーザー

ふみ このユーザーの他の記事を見る

映画と読書が好き。家事能力は最低レベル。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス