夏の露出の高いファッションや、ドレスシーン、また小胸さんの強い味方「ヌーブラ」は大活躍!通常のブラジャーとはその構造も異なり、肌に貼付けて使用します。昔はシンプルなデザインのものがほとんどでしたが、最近ではショーツとお揃いで楽しめるタイプや、真ん中のホック部分にラインストーンが付いたもの、カップにもフリルやレースの乗ったかわいいものなどデザインもバラエティもかなり豊富です。皆さんが思っているのは寿命はどのくらいなの?という事ではないでしょうか?ヌーブラの買い替え時の見極め方と、粘着力を長く持たせる為のポイントを教えます!

 

シリコンブラはブラの裏側に塗布されている「粘着部分」の寿命がくると、バストへの張り付きが悪くなり、外側からだんだんはがれやすくなってきてしまいます。着用時に、じんわりと外れてくる感じがしたり、実際に着用時になんども貼付け直すようなことがあれば、間違いなく買い替えのサイン。個人差はありますが、平均的に、ヌーブラは100回~180回着用するとその寿命を迎えるといわれ、だいたい1シーズンごとで買い替えるのがよいとされています。1シーズンだけなんてもったいない!ヌーブラを長持ちさせるにはどうしたらよいのでしょう?

<避けたいシチュエーション>
×使ったまま洗わずにそのまま保存している
×収納ケースなどを無くしてしまったのでそのまま2枚を張り合わせて保存している
×洗濯ネットにいれて普通にあらっている
×天日干しをしている


 「使ったまま洗わずにそのまま保存している」という方。こちらは粘着力を落としてしまう大きな原因の1つです。季節を問わず人間の体からは汗と皮脂が分泌されているため、冬だからといって、まったく汗や皮脂がでていないということはありません!またヌーブラはその特性上胸に貼付けて着用するため、より汗をかきやすく、また皮脂を吸着しやすいのです。汗や皮脂が酸化するとニオイや雑菌が発生し衛生上よくないのはもちろん、シリコンの劣化につながるため必ず汚れを取り除いてから保存してください。
 
 「収納ケース」を無くしてしまった方。保存時にほこりなどのゴミ類を粘着部が吸着してしまい、取り除く事が難しくなってしまうことがあります。もし無くしてしまった方は、チャック付きのプラスチックバックなど密閉できる入れ物に入れて保存するようにしてください。
 
 洗濯時に手洗いではなく、洗濯機で洗濯をしてしまっている方も要注意。シリコンは比較的熱には強い素材として知られていますが、洗濯時他の衣類から出る誇りや細かいゴミが粘着部にくっついてしまうと、取り除くことはほぼ不可能です。かならず丁寧に手洗いを行ってください。最新のシリコンブラの中には洗濯機洗濯可能なものも出ているので、商品表示をチェックしてください。
 
 

そして、最後に「天日干しをしている」方。シリコンの劣化は光によっても起こります。タオルなどで水分をつまむように拭き取った後は、二つ合わせて陰干しで乾かしてくださいね。

<洗濯時は要注意!>
×台所用の洗剤や粉末洗剤をふりかけてつかっている
×汚れがしっかりとれるように浸け置き洗いをしている
×ついた汚れをツメなどでこさぎ取るようにして除去している

 いくら丁寧に洗っていても、シリコンにダメージを与えてしまうような中性洗剤以外を利用していてはダメですよ。また、粉末洗剤を利用する場合も事前にしっかり泡立てて出来上がった泡をカップの上乗せるイメージで洗濯してください。最近は、プッシュすると泡が出てくるという専用の洗剤も販売されているので、要チェックです。また、洗濯時、よりキレイにするためにツメなどでシリコン部分を強く洗ってしまっては傷つけてしまいます。肌との密着度が下がってしまい、次回利用時に粘着力が落ちてしまうことに・・・


 

<こんな新素材も発売>
 ヌーブラもさらに進化を遂げています。このアイテムは素材が「ポリオレフィン」という特殊素材で作られており、シリコンよりも汗を外に発散しやすく、また非常に熱に強い特性をもっています。この素材でできたタイプであれば、乾燥時にドライヤーなどを利用しても問題ないようです。またこの素材は劣化しにくく、非常に安定しているため、シリコンブラよりもかなり長い期間利用できてしまいます。約1000回ほど着用できるということなので、通常タイプのなんと10倍も長持ち!お値段もあまりヌーブラと変わらないので、汗をかきやすい方やムレ感が嫌いな方はお試しあれ。

<シリコンブラを復活させる?>
 本来はシリコンの寿命が来たら買い替えとされてきましたが、最近では粘着力をアップさせるスプレーも販売されています。お手持ちのヌーブラの裏がわのゴミなどをできるだけキレイに取り除いてから使用します。しっかり乾かして出来上がり。

*下着のオンラインフィッテイングならFITTY(フィッティ)*

この記事を書いたユーザー

たなゆみ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス