こんにちは 思考と空間の整理のプロ:ライフオーガナイザーののこです。

片づけの仕事をしている私も感じていることですが、
女性が片づけられなくて困っているトップに必ず上がってくる場所、「クローゼット」。
洋服がなかなか捨てられない。
沢山の洋服があるのに、毎日「着るものがない!」と思うのは、不思議ですね~

私も昔はそうでしたが、オーガナイズ(片づけ・整理収納)をしてきて、
今はクローゼットは快適空間!
洋服の量も昔のヒッチャカメッチャカだったころの約半分。

現在は、クローゼットオーガナイザーとなり、片づけられない方へアドバイスさせて貰っています。

我が家のクローゼット:MAWAハンガーで統一

洋服を減らせるようになるかも!?なオススメな本があります。

ファッションデザイナーの横森美奈子さんの「捨てられない服の片づけマジック!」
11年でファッションアドバイスを3000人以上の方々にされてきた彼女の言葉だからこそのの真実と説得力です。

その中からあたしの心に残ったのは、
「残念なことに、洋服の量とおしゃれは比例しません。
 おしゃれでない人ほどクローゼットも引出も服でいっぱい。
 そういう人ほど、手持ちの服を漠然としか把握していません。」

ドキッとしませんか?このコトバ。

「自分が日々新陳代謝したり変化していくように、
 体を包む服もクローゼットも新陳代謝するのは当然!
 クローゼットもデトックスすれば、おしゃれ環境も快適になるはずです。」

う~~~~~む。考えさせられますね~

もしかして、おしゃれな人はクローゼットからおしゃれ
オシャレじゃない人は、クローゼットからおしゃれじゃない。 とも言えますね。

春夏服は、冬服に比べてどちらかというと値段も高くなく、ボリュームも少ないので、
まずは、春夏服をこの夏しっかり見直して、もっとおしゃれをクローゼットから楽しめるようになりましょ~

その前にこの本、オススメ♪

ファッションデザイナー横森美奈子さんの本

「捨てられない服の片づけマジック!」 横森美奈子(ファッションデザイナー)
帯のコトバ、インパクト大!
最近、お片づけ本を手にすることは減ったんですけど、
私世代だと懐かしのDCブランド・メルローズ等のBIGIのチーフデザイナーをはじめ、
ファッション・おしゃれのプロ中のプロの彼女のクローゼットのお片づけに興味を持ちもました。

この記事を書いたユーザー

岡山のライフオーガナイザー中桐真希子:のこ このユーザーの他の記事を見る

アメリカ発の思考と空間の整理術のプロ:ライフオーガナイザーです♪
「片づけ」は、心地いい楽しい暮らしのために~

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス