出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
首のシワ、気になることはありませんか?顔は朝、お化粧をするときに見る機会も多く、紫外線対策や保湿もばっちり、シミ、シワもほとんど目立たないという方も意外とおざなりになりがちなのが、

でも、実は首は顔にも近く、特に横や斜めから見た時にかなり他人からは目につく部分でもあります。シワが多い首は老けた印象を与え、きれいにお化粧した顔とあまりにギャップがあると、何となく痛々しいような感じすらするものです。

今回はこの気になる首のシワを作る原因と、できてしまった場合の対策について医師に解説していただきました。

■ 高すぎる枕は要注意!首のシワができる原因は?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

首のシワができる原因の一つとして挙げられるのが、姿勢の問題。猫背気味だったり、パソコンやスマホを使う時にうつむくような姿勢が多いとどうしても首の目立つ部分にシワが入りやすくなります。また、頻繁に首をかしげる頬杖をつく癖なども首のシワを深くする原因になります。

また、寝るときも注意が必要です。特に枕の高さ。首のカーブに合わない高い枕を使っていると、首がやや前傾したような姿勢のまま長時間過ごすことになります。このような姿勢では首の横じわやあごの下のたるみの原因になりますね。

もちろん、顔と同様、日光に当たり過ぎ乾燥も大敵です。紫外線による老化や、特に夏場はオフィスや学校などクーラーの効いた室内で過ごすことが多い方は乾燥も首にくっきりシワが入ってしまう原因の一つとなります。

■ 首のシワ対策は顔と同じケアでOK!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

首のシワ対策としては、基本的に顔のシワの対策と同様になります。顔と同じ化粧水、乳液やクリームなどを首の方まで伸ばすようにしてしっかりケアしてあげましょう。また、日焼け止めも顔に塗るときに首にもくまなく伸ばします。ただ、特に夏用の効果の高い日焼け止めは製品によっては塗りっぱなしにすると、成分によって乾燥の原因になってしまうこともありますから、きちんと帰宅したら落としてあげることも大切です。

また、スペシャルケアとして首のパックや、マッサージなども時々行って、首をいたわってあげるようにすると完璧です。

~1分間の無料診断!~
≪顔のたるみが気になる…人必見!≫
▶顔のたるみ度チェック!

【医師からのアドバイス】

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス