まあまあ普通にウマイけど、ちょっと地味かな~ってなパンが続きましたんで、まとめて並べさせてもらいます。



まずは ヤマザキ スティックデニッシュ チーズ

外装全景

デニッシュ生地のスティック形状でチーズが入っとるということです。実に分かりやすいですな。全粒粉というのも入ってるらしい。何なのか知らんが。


栄養成分等

熱量321kcal、ナトリウム590mg(食塩相当量1.49g)、脂質19.0g。塩が結構多いという以外は、普通レベルですかね。


ブツ(表裏・大きさ)

何と言うのか、ナフキン折り畳みみたいな形状。具のクリームチーズは結構ドチャッと入ってるようですな。生地トップ部位にも焼きチーズが施されてるようです。


ブツ(端・アップ)

寄ってみるとあんまり脂気がなさそうな生地に見えますね。全粒粉ってやつのせいでしょか。具もちょっとドライな感じか。


ブツ(内部)

やはり中もちょっとパサついた印象です。


食べてみました

実際食ってみますと…、ん~、成分表示通り結構塩パンチが効いてますねえ。かなりしっかりした味付けという表現になりましょうか。中の具は見た目ほどドライ系ではなく、割とクリーミーな感じでしたわ。割と濃厚でもある。

多分生地だけ食べたら、ちょっちパサッてしてるやもですが、具材の滑らかさ、チーズチーズした感じのおかげで、全体としての食感はバランス良く仕上がってるかと思います。ごく普通に美味しいチーデニでした。





次は ファミマ もちっとピザパン

外装全景

えらい地味なパッケージングというかオーソドックスというかの印象ですな。特に能書きも謳われてないし。某セブン社の如くの愛想のなさです…。


栄養成分等

熱量269kcal、ナトリウム612mg(食塩相当量1.55g)、脂質12.1g。さっきのヤマザキ物件より、さらに塩が多いですなあ。相当ショッパイんかしらん…。反面、熱や脂はさっきより低数値。製造はパスコです。


ブツ(表裏・大きさ)

光線の加減か、ちょっとショボイ色合いになってますけど、実際はもう少し暖かみがありますので、その分割り増しして見ていただくということで。ピザではあるが長方形。具はベーコンぐらいですか?塗りたくってあるのはマヨネーズでしょうか。


ブツ(端・アップ・縦図)

あんまりもちっとした感じはないようですが…。


食べてみました

いただきましたところ…、モロにピザソースのお味ですな…。いやもちろんピザだということなんだから、それで正解なんですが、ベーコンやチーズといったピザにとっては重要な要素であるはずのパーツが、あんまり感じ取れませんです。

生地についてはやっぱしもちっと感はなくて、むしろどっちかというとタイトな印象を受けましたな。粘りはあることはあるんで、これをもちっとと称しているのやも知れません。まあ、普通にウマイけど、生地+ソースだけ…といった感もありでした。焼き入れたらグッと風味が良くなるんかな…。





続いて ミニストップ 角切りチーズのパン

外装全景

QBBチーズとマヨネーズを仕込んだパンということで、まさにその仕様書の通りに見えますな。ひょっとして自分でも作れそうな気もする…って、言うたらいかんか…。


栄養成分等

熱量276kcal、ナトリウム500mg(食塩相当量1.27g)、脂質13.9g。これもたいがい塩気が多いですなあ。まあ、チーズにマヨですからね。製造は第一パン。


ブツ(表裏)

めっちゃオーソドックスなんですが、何か妙に美味そうに見える。筐体は普通のアンパン程度の大きさです。


ブツ(横・アップ)

寄ってみると、いかにもパン、って感じでいいですねえ。


ブツ(内部)

割ってみますと、入ってました角切りチーズ君。しかし、QBBのやつってこんなデカイ粒だったっけか…。生地のこの外がちょいパリ、中がふんわりっていうとこにそそられますな。


食べてみました

食してみますと…、ん…?チーズの味せんぞ…というぐらいマヨネーズが効いてます。内部を覗いたときは、そんなにマヨ目立ってなかったんですがねえ…。とにかく、食感としてはチーズの角切りは確かにあるんですが、味的にはマヨが圧勝。

生地は思ったほど外郭部もパリッとではなくて、全体的にソフトな感じでしたね。まあ、割と塩気も効いてて、ごくごく普通に美味いことは美味いんですけど、やっぱしなあ、もうちょいマヨを少なくすべきだと思いましたわ。せっかくQBBとかブランドまで冠してるチーズがもったいない気がしたなあ…。






そして ファミマ 国産小麦の平焼きツナチーズ

外装全景

さっきの同社物件とは打って変わって、パッケージにごちゃごちゃと能書きが謳われています。小麦は国産、糖質はご飯の半分以下、牛乳1本分のカルシウム、ということだそうです。機能性食品か何かか…?


栄養成分等

熱量214kcal、ナトリウム390mg(食塩相当量1.0g)、脂質12.1g。塩気も少ないとは言えんが、確かにこれまで見てきた諸物件より各数値とも低いですな。糖質は18.2g、カルシウム227mgということです。これがどの程度のレベルなのかは分からんが。製造はパスコ。


ブツ(表裏・大きさ)

妙に生白い生地と焦げチーズがコントラストを織り成す表面、そしてずんべらぼんの裏面が特徴でしょか。平焼き云々というパン、最近よく見かけますけど、本品も含めて言うほど平たくないと思いますけどねえ…。


ブツ(横・アップ)

寄るとチーズの焦げが強調されてヨイ感じです。


ブツ(内部)

割ってみますと確かに中心部など平たい…って、これは割る際に押えてしまったのかもですが。ちょっと中味が分かりにくかったんで、開いてみますと結構ツナ入ってました。ツナというか、おからに見えますな…。


食べてみました

開いたとこを戻して食べてみますと…、ん~何かえらい薄味ですなあ…。これってよくありがちなマヨとの混合ではなくて、ツナ単体のようでして、こちらがツナそのものの風味ということになるんでしょうな。けど、やっぱちょっと寂しい感じがしますねえ…。

そして、チーズ部も今ひとつパンチに欠けるキライがありまして、ツナとともに薄味印象を醸成しとるんですなあ。普段、己が濃い味のものを食い過ぎておるんかも知れませんが、とにかくガツンとくるようなタイプではないです。ま、大人し目ながら、ごく普通に美味しいし、低糖・高カルシウムという利点を鑑みれば決して悪い物件ではないでしょう。



この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら