夏といえば花火!

花火大会も各地で開催され花火大会に足を運ぶ人も多いはず。
しかし、誰しも体験したことがあるであろう花火あるある。

写メがうまく撮れない・・・
気づけ花火よりも花火を上手く撮るのに夢中になったという
経験をした人もいると思います、、、

そんなアナタに今年は失敗しない「花火をキレイに撮る裏ワザ」をいくつかご紹介!

①スマートフォンをAE/AF Lockモードに設定

出典 http://iwaimotors.com

Phoneカメラの標準機能である「AE/AFロック」を使うと、
フラッシュ無しでも明るさを調整できるみたいなので、
事前に任意の箇所を長押しし、AE/AFロック状態に設定。

②ISO感度設定

一般的に夜景の撮影には少ない光でも明るく写るようにするためカメラの
「ISO感度」を高く設定するが、
明るい被写体である花火を撮るにはむしろISO感度は低くする必要があるそうだ。
ISO感度の設定があるものはISO50やISO100に設定しよう。

出典 http://aplista.iza.ne.jp

③夜景モードに設定

打ち上げ花火を撮影するときは、「夜景モード」を選択しましょう。
「夜景モード」にすることで、露光やフラッシュを制御できるので、
花火の形がくっきりと写り、絵に描いたような華やかな写真を撮ることができます。

出典 http://www.smahoto.jp

④フラッシュとHDRモードはOFF

暗いのでフラッシュをオンにしてしまいがちですが、
花火までフラッシュは届きません。
(しかも無駄にスマホのバッテリーを消耗します。)
フラッシュはオフにしましょう。

また、HDRモードとは、写真をきれいに撮るための技術のことですが、
最近のスマホにはデフォルトで搭載されているよう。
しかし、花火のような動きのある写真を撮るときや
色鮮やかな被写体を写したいときには向いていないので、
もし、HDRモードがオンの設定になっている場合は、オフに設定しよう。

事前準備はOK!いざ撮影!

シャッターを押しても直ぐ動かない
スマホでは画面のシャッターボタンを押した瞬間ではなく、
指を離す瞬間にシャッターが切られる。
そのため、シャッターボタンに指を触れておいて、
その指をゆっくり離すことでぶれを抑えることができる。

出典 http://news.livedoor.com

記憶よりも記録!花火を写メでも楽しもう♡

これで花火写メもバッチリ★
素敵に撮れた花火写メで家に帰ってからも花火を楽しみましょう♡

この記事を書いたユーザー

R このユーザーの他の記事を見る

美容やエンタメをメインに配信していきたいと思います♡

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス