日本では当たり前だけど、外国人から見ると「これはすごい!」という習慣や商品など色々ありますが、今回は、「オモシローーーい!」と思ったとある動画をご紹介します!

下に各ポイントの翻訳と私(アメリカ13年滞在経験あり!の帰国子女です、一応。。。)の解説も入れていますので参考にしていただければと思います!

日本の浴室が一番!である理由12

出典 YouTube

日本で生活をする外国人目線で感動する日本の浴室やトイレのポイントを12個あげています。なかなか面白いです!

1. Three people can be using the different facilities at the same time

2. There’s a spray wand in sink

3. You sit down to wash yourself before getting into the bath

4. You can get everything wet

5. You keep the bath water clean

6. The water stays hot

7. & 8. Call for help/Call for service

9. You can control the bath from the kitchen

10. Sharing the bath

11. You can reuse the water for laundry

12. You can also dry your clothes

出典Life Where I'm From https://www.youtube.com/watch?v=A6hqHq7MLsc

日本で生活するとある女の子が自分目線で日本を紹介するシリーズで、とてもきれいな英語でかわいく的確に紹介してくれます!

12項目の簡単な翻訳です:
1)お風呂、洗面台、トイレを同時に3人の違う人が使える!(外国では同じ部屋にその三つがあることが多い)

2)洗面台にシャワーがある!(これも便利なのに外国にはなかなかない)

3)湯船に浸かる前に「座って」身体を洗う。(座って、というのもめずらしいかも)

4)(浴室内)を全部濡らせる!(浴室が独立したシャワー専用エリアだからですね)

5)湯船の水はきれいに保ちます(だって外で洗うからね。アメリカではお風呂の中で身体を洗っていました。そういえば。髪の毛も。考えてみればちょっと汚い。)

6)湯船のお湯が保温される(アメリカとかだと5)の通り中で洗うので当然一人ひとりお湯を変えるので保温の必要もない)

7)と8)緊急ボタンや呼び出しボタンがある

9)キッチンからお風呂を操作出来る(確かに。これも考えてみれば便利。)

10)張り替えないで複数人入る(これもキレイだからね、入る前に洗うから)

11)お風呂のお水を洗濯に使える(これも珍しいかもしれませんね。私はあまり使いませんが)

12)浴室乾燥機もある(これは便利ですよね!アメリカなどは乾燥機を使うのでそもそも干す概念があまりありませんが)

この記事を書いたユーザー

バイリンガルママLei このユーザーの他の記事を見る

こんにちは!東京都品川区在住のバイリンガルママLeiです。

自身が米国11年の帰国子女でTOEIC980点♪豪州大学のMBA保持のワーキングマザーです。本業はフリーランスの同時通訳ですが、他にもママ・子供向けの英語レッスンを主催したり、たくさんのママ友と遊んだり、ママブロガーとしても活動をしています。

慶応義塾大学卒業後、社会人経験を経てオーストラリアボンド大学にて経営修士号も取得。仕事・育児・遊び・執筆のすべてを楽しみながら毎日忙しくしています。

3人の子供が生まれたときから英語でも話しかける「バイリンガル育児」をしてきました!半年間マレーシアジョホールバルに親子留学をした経験もあります。

得意分野は:英語育児、海外移住・留学、インター、一般英語、ダイエット、買い物、グルメ、コスメです♪

よろしくお願いいたします♡

権利侵害申告はこちら