今から9年前の寒い朝、あるおうちに赤ちゃんがやって来ました。

赤ちゃんの名前はぴこ。

次女にありがちな、ちょっと甘えん坊でわがまま、

だけど憎めない、元気な女の子に成長します。

その成長を傍らで見守って来た家族。

中でも、泣いている時や病気になった時、悲しい事があった時、

いつも側に寄り添ってくれていたのは…

老猫マリン。

これからお話するのは、

甘えん坊の一人と一匹の友情物語です。

マリンばあさん

マリンだニャン♪

15年前に、ある町の、ある海の家で生まれて

兄弟姉妹でガヤガヤ育ったニャン。

ある日、マリンだけ遠くに行くことになって、

新しいおうちに着いても最初は怖くて、

棚の後ろに隠れて泣いてたニャン。

疲れてスヤスヤ・・・

そんなマリンも、すぐにおうちに慣れて、

お気に入りの場所は、ストーブの前!

Zzzzzzzzzzz・・・

Guoooooooooo・・・

マリンの場所ですけど、何か?

小さな頃からとても温厚だったマリンばあさん。

名前を呼ぶと、おうちのどこにいても走って現れる、

ワンコみたいなマリンばあさん。

膝の上をポンポン叩くとすぐに乗って来る、

甘えん坊のマリンばあさん。

ある日

何だか騒がしいにゃ・・・

大変にゃ!

おうちに怪獣がやって来たニャ!

忍耐だよ、マリンばあさん

マリンだニャン

ぴこ…

赤ちゃんの時は寝てるだけだったけど、

段々大きくなって

しっぽをつかんだり

無理やり抱っこしたり・・・

マリンだから良かったけど、

他の猫だったら、絶対に痛い目にあってたニャン!

可愛く見てるだけの時はいいけど、

ぐ、ぐるじい!

返事の練習させられてるにゃ

ぼ、帽子作ってくれたニャ・・・

イタズラばっかりは止めてほしいニャン・・・

だから、

ぴこの事は大好きなんだけど、









こんな顔で見ちゃうニャン

でもね。

ぴこにこんなにイタズラされても、

何でマリンが怒らないか不思議かにゃ?

いつだって

怪獣だったぴこもね

大きくなって来たら

マリンのご飯も、お水も、

お留守番のお部屋から出してくれるのも

み~んな、ね

お世話をしてくれる様になったニャン。

だから、ぴこの足音が聞こえると嬉しくなって

思わず足に「好き~」って、スリスリしちゃうニャン♪

病気のぴこの心配をして、離れないマリンばあさん

だからね、

たくさんいたずらされても、

仕方ないニャーって

ついつい許してしまうんだニャン。

ぴことマリンは、ず~っとず~っとこうなんだニャ!

そして

騒がしくも元気に過ごす、

変わらない様に見える毎日。

しかし、時間は流れていきます。

マリンだニャン

何だか最近目が見えにくいんだニャン・・・

ご飯の場所が分かりにくくて、

お水も入ってるか気付かなくて、

ぴこが教えてくれてるんだけど

マリンも、もう15歳だから

やっぱりばあさんになったんだろうニャー

もうちょっと元気だったら、

ぴこのイタズラに付き合ってあげるんだけどニャー

突然の・・・

そんなある日の昼下がりのこと・・・




ぴこが目にしたのは・・・




「うそだよね!!!!!」




・・・眠ったままのマリン・・・





「マリン!!!!!」





「マリン!!!!!おきて!!!!マリン!!!!!!」

家族の死を

初めて経験した時、

子どもはどういう乗り越え方をするのか。

泣いて泣いて泣いて泣いた後は

顔で笑って心で泣いて?

それとも本当に忘れる?

その後、マリンの話をパッタリしなくなったぴこ

心の中が見えない分、

傷の度合いも見えなくて

マリンとの日々を封印したかの様に、過ごしていたぴこ。

忘れないよ

「げつようびにね。

がっこうのかえりにねこがいてね。

すごいかわいいねこでね、

なでなでもさせてくれたんだけど

かいぬしさんが、めずらしいでしょ、っていってたけど、

マリンもやさしかったから

めずらしいとはおもんなかった。

マリンのこと、おもいだしちゃった!

ぴこ、でも、マリンにいたずらしてほっぺひっかかれて

せんせいに、どうしたの?ってきかれたことあるんだよ!」

…ふいに、マリンとの思い出をペラペラ話し出したぴこさん。

どれだけ泣いても、もうマリンが帰って来ない事

悲しいからって封印しても、消えない思い出達の事

うまく言葉には出来なくても、気付いたのかな。

だから、笑顔で。

笑顔で話せる様になったんだね!

マリンばあさん、

最期まで大切なこと教えてくれて、ありがとう。

「あなたの代わりは誰もいない」

今までも、これからも。

この記事を書いたユーザー

mapikomama このユーザーの他の記事を見る

天然姉妹のダンス三昧&徒然なる日々を綴りつつ、バタバタした毎日を過ごすのがもはや生き甲斐と化している、初老母です。座右の銘は、笑う門には福来る!辛い時こそ笑おう\(^o^)/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス