記事提供:カラパイア

イースター島の巨大な石の頭を見ても、単なる頭だと思うだけかもしれないが、この驚くべき彫刻像には隠された秘密がもっとあるのだ。

このモアイ像は、ポリネシアからやってきたラパヌイの人たちによって1250~1500年の間に建てられた。島には887体の像があるが、一番背の高いものは9メートル、重さ82トン。こんなに大きく重いものなのに、多くが島のあちこちに運ばれた証拠がある。

モアイ像に施されている彫刻は、神格化された先祖を表している。もともとは先祖がやってきた土地のほうを見つめる位置に置かれていた。

島の野に点在するモアイ像。数百年もの間ここにずっとたたずんでいる。

しかし、像は頭だけではない。地中から、研究者によって完全な体の部分も発見されている。何世紀もの間に首まで土に埋まってしまったようだ。

体の部分は地中数メートルまで埋まっていて、多くは発掘されているが、そのまま埋まっているものもまだある。体の部分にはなにかが刻み込まれているが、いまだに解読されていない。

アフ・トンガリキの岩石刻印像

比較的新しく建てられたものの中には、プカオと呼ばれる頭飾りがついている。これは、頭飾りをつけた族長だという。この像の目は白サンゴで装飾され、新たに再現されている。新しいモアイ像の場合、こうした装飾はそれが誰であるかを示しているという。

ほとんどのモアイ像は海岸線に集中しているが、発掘されたこの一群はもっとも内陸にある。

発掘により地中から体の部分が現われた。

発掘によって、像の後ろ側にも彫刻があることが明らかになった。だが、その意味はまだわからない。

刻印は、ラパヌイの人たちが入れている伝統的なタトゥーだとか、特定の先祖についての物語が記されているのではないかと言われているが、まだ研究中だ。

1500年頃、モアイの建設は中止された。人々の信仰が先祖崇拝から、半分鳥である鳥人神へと変わったのだ。

島の部族の権力闘争のため、1700年代までに多くのモアイ像が倒されてしまったり、地震で倒壊してしまった。

その後、島は森林伐採が原因の食糧不足にみまわれ、さらにキリスト教の伝道師が入り込んできたことによって地元の信仰が抑圧された。こうしたことが原因で、モアイの真実はいまだに謎に包まれている。

今日、50以上のモアイ像が再び建て直されたり、発掘されたり、もともとあった石の土台に設置し直されている。世界の博物館に送り出されているものもある。

現在、イースター島のモアイ像は、ユネスコの世界遺産になっていて、研究は続けられている。

イースター島スタチュー・プロジェクトのような団体が、像がどのように建てられ、移動させたのか、製作者たちのことなど、像に関する新たな情報を発見し続けている。イースター島を訪れることがあったら、ぜひ見逃さずにチェックしてみて欲しい。

出典:viralnova

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス