落ち込む〜。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

こんな失敗私だけ?いろんな失敗談を集めました。落ち込まないで、でも少しは反省しましょう。

小学生の息子の健康調査票に自分の体調を記入した母親

出典 http://www.gettyimages.co.jp

生理痛がひどく貧血がある。学校から健康調査票が返却されたのは言うまでもない。お母さんふざけてますか?  本人真面目な人ですよ。そうとうお疲れだったのね。貧血治るといいですね。

仕事後の私のお迎えに来た夫の車に乗り込み

出典 http://www.gettyimages.co.jp

顔も確認せず乗りこんでの第一声は「オッケーレッツゴー!」んーっとなかなか出発しない。なんでよー!
運転手の横顔見て「ごめんなさーい!」同じ車種とカラーは、あちこちにいますよー!次からは気をつけて。あっ、「レッツゴー」の掛け声もやめましょう。

すみませーん、スキンガード下さい。店員さん失敗談

出典 http://www.gettyimages.co.jp

女子高生が母に頼まれたものを薬局に買いに行った。スキンガードだ。店員「いつもどのタイプをお使いですか?」優しく対応してくれる店員さん。女子高生「ええっと確かオレンジ色で〜」「スプレータイプです」店員「はっ、スプレー、虫除け?そうなの!?すみません、勘違いしました」女子高生「えっ、はいっ?!」なにと勘違い?

あなたじゃなくて

出典 http://www.gettyimages.co.jp

客「すみません、これ下さい」店員「名前教えてください」客「松井です」店員「あっ、いえ、パンの商品名を言っていただけますか?」やだぁん、恥ずかしい挙句に、名前明かした。

発音良すぎて、何て言ってるか分からない!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

結婚式のリハもきちんとやったのに。しかしリハをしてくれたのは日本人。本番では外国人の神父さんだったから「ベール」の発音が良すぎて「ヴェーゥ」(ルは聞き取れなかった)が何か分からず、ベールはいつまで経っても顔にかかったまま、理解できずにいる新郎。
私は小声で「ベールだって、ベール」もはや、ベールが何なのかも分からなくなっている新郎。「これだ、これはがして〜」。周りからはクスクス聞こえて、もはや美しい式は遠のいた。

【子供編】一年生だもんね。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

教材の問題を読んで、その通りに書きました。
【問題】次の(   )にず を書きなさい。(ず→図と言う意味ですね。)
  1  (  ず  )
  2  (  ず  )
  3  (  ず  )
子供「ちゃんと   ず  かけたも〜ん」
お母さん、頭抱えました。

パスポートをホテルに忘れて出発!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

アメリカで日本人の団体のバスに乗り出発して30分。幼馴染みと私は同時に声をあげた。「あー!パスポート!!!」滞在したホテルの金庫にパスポートを忘れてきた。戻らないわけには行かない。日本に帰れないもんね。全く他人のみなさん大変申しわけありません。テンション下がりつつも、その後の旅行を死ぬほど満喫しました。

普通、子供の懇談会に行くの忘れるか〜!直前で思い出してダッシュ!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

忘れちゃいけないと思いながら家事してたらあっという間に時間が過ぎて気づけば懇談会予定時刻の五分前。間に合わないけど、急げ〜!
待ってた先生が、、、「大丈夫ですよ、次の方いないので枠ありますから」えっ、2時の予定なのに次にいないって。我が子も親も問題児、、、?いえ、先生のお話では大丈夫でしたよ。我が子は、、、。

お手伝いのつもりが。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

スーパーで車椅子に乗りお買い物をされていた年配の女性をたくさんの人が離れて見ていた。膝と手にはたくさんの商品を抱え、車椅子で進む事が困難なようだ。私は、車椅子に乗る女性に声を掛けてみた。「カゴを持ってきて商品持ちますね。」女性は遠慮していたが、すぐに心を溶いてもらえた様子。女性があるパンを手に取ったので、私も同じパンを手にとり「このパン私の主人も好きなんです。私も買おうかな」と言ってカゴに入れた。そして、、、。

まさか!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そのままレジまで一緒に行き、そこからは店員さんが引き続き女性をサポートした。私はそのまま自分の買い物があったので女性とはレジでお別れした。そんなやり取りがあり、帰宅した私。そしてパンが無いことに気づいた。確かに買ったはず。あっいや、まさか!女性のカゴに入れてしまった。その後女性がどうなったかは分からない。しばらく罪悪感に苛まれた私であった。人のお手伝いをする前に自分を見つめ直すのが必要かも。

最後に

失敗すると落ち込む。しかしながら周りの人のおかげで救われることが多く、なんとか立ち直る事ができる。人々に感謝しながら次は失敗しないように気をつける!と意気込んで、また失敗する日々がやってくる。それを反省したいと思います。

この記事を書いたユーザー

オカメインコmaa このユーザーの他の記事を見る

コストコを好きになり、お料理の世界が広がり三人の娘たちと実験のようにお菓子やパンを作ることが楽しい日々。
基本ズボラですが、ちょっとしたアレンジで楽しくお料理をしてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス