給与明細に「あなたが好き」と書いた上司がいたそうです。書かれた部下の20代の女性が自殺したことで、遺族が元上司などを提訴しました。

「娘が自殺した原因は上司のセクハラだ」と、遺族が大手外食チェーン「サイゼリヤ」と当時の上司を提訴しました。

「娘が自殺した原因は上司のセクハラだ」と、遺族が大手外食チェーン「サイゼリヤ」と当時の上司を提訴した。
自殺した20代女性の親族は「1億人に1人でも起きてはいけないことだと思うんです。でも実際起きちゃったんです。絶対許せないんです。亡くなったうちの子は帰ってきませんけど、せめてこれ以上の被害を出したくない」と語った。
自殺の原因は、上司からのセクハラ、パワハラ、ストーカー行為だったとして、2014年12月に自殺した女性の遺族が、大手外食チェーン「サイゼリヤ」と当時の上司に対し、総額およそ9,800万円の賠償を求め、21日に提訴した。
訴状によると、2013年からサイゼリヤの関東地方の店舗で働いていた女性は、当時の副店長から、髪や耳を触られたり、抱きつかれるなど、執拗(しつよう)なセクハラを受けたという。
女性の2014年6月の給与明細に書かれていたのは「わたしは、あなたが好き」。
さらに女性の名前を記したうえで「行動はちゃんと見ています。わたしは○○(女性の名前)に対して諦めない!!」とつづられていた。
これらを書いたのが、当時の副店長だという。
さらに副店長は、トレーニングノートと呼ばれる連絡帳でも「自分は○○関わったことを後悔してはいません。だって、すごく楽しかったから」と記していた。
さらに、好きな従業員の1位に女性の名前を書き、そこに自らのプロフィルもつづっていた。
親族は「給与明細やトレーニングノートに、気味の悪い言葉が書いてあるが、(当時の副店長は)セクハラ規定・パワハラ規定、就業規則にあるのでしょうが、よく知らないとわたしに説明した」と語った。
副店長には妻子がいたにもかかわらず、正社員になりたいという希望を持っていた女性に対し、セクハラを繰り返し、女性が反発すると無視するなど、パワハラ行為で女性を追い詰めたという。
遺族によると、副店長は女性の自宅に押しかけるなど、ストーカー行為も繰り返し、2014年9月、肉体関係を強要したという。
女性は、関係を絶とうとしたが拒否され、逆に心中を持ちかけられた。
そして、2014年12月、自ら命を絶ったとしている。
訴えられたサイゼリヤは「現段階では、訴状が届いておりませんので、内容について回答いたしかねます」とコメントしている。

出典 http://www.fnn-news.com

トレーニングノート

出典 http://uracigoto.blog.fc2.com

給料明細

出典 http://uracigoto.blog.fc2.com

好きな従業員の順位を書いたメモ

出典 http://uracigoto.blog.fc2.com

不況下のなか、正社員を目指して懸命に働く女性。男女の仲のことは当事者にしかわからないことも多いと思います。

しかし、給料明細に書いた文字や、従業員の順位付けをするという行為を見る限り、幼稚な男性であるということは、この写真からも明らかです。

行き過ぎてしまった大人の関係。
闇に葬るには、あまりにも無念だった遺族の気持ちが伝わってきました。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス