日本の自動販売機ー外国人が日本の文化で常に感心するものの一つだ。日本では至る所に自動販売機がある。しかも売られているものの種類も豊富だ。

2013年時点では、日本の自動販売機の数は509万台といわれていた。5年前に比べると減少傾向にある。それでもその数はイギリスよりもはるかに多い。

全くたいしたことのないイギリスの自販機

出典 http://www.dailymail.co.uk

イギリスではたまに見かける自販機だが、日本のように通りには設置されていない。そんなことをすると直ちに破壊行為にあうからだ。日本はそういう点でもやはり海外より治安がいいのだろう。

そういうわけで、駅や病院などにある自販機だが利用客はあまりいない。というのも全く大したことがないからだ。日本のように自販機でしか買えないコーヒーやその他のドリンク類があるわけでもなく、普通に売店で買えるコーラやクリスプスやチョコが、少し割高で売られているだけなのだ。

時々商品が出て来ないことも

出典 http://www.justaplanerideaway.com

筆者はイギリス生活が長いが、自販機を利用したことはない。周りで「お金を入れても商品が出て来ない」という話をよく聞くし、駅などにポツンとある自販機でそれが起こると誰もお金を返してくれないのだ。

スーツ姿のサラリーマンが、チョコの自販機でチョコを買っている姿にはちょっとほっこりしてしまうが、大抵の人は素通りだ。そんな人気のないイギリスの自販機なので、今回なんと日本やアメリカのように、もっと斬新な?商品を取り入れる計画があるという。

カップ麺やパンケーキの自販機をイギリスに!?

出典 http://cdn.halcyonrealms.com

日本では、自販機の数も多いがそれと比例して利用客も多い。自販機があるので店はいらないのではとさえ思ってしまう外国人もいる。5台か6台横並びで自販機が置かれてある光景は、外国人観光客からしたら神がかりに思えるらしい。

日本にある自動販売機の台数の内訳は、飲料49%、自動サービス機(コインロッカーなど)24%、タバコ8%と続くが、なかには変わったものもある。いくつか例を挙げると、おでん、Tシャツ、焼きたてパン、焼肉のタレ、にぎり寿司、味噌汁など色々あるようだ。自動販売機の世界はかなり奥が深い。

また、機能の面でも進化が著しい。省エネ型、電子マネー対応型、災害対応型(災害時に商品が無料で出てくる。)など、時代の変化・要請に合わせた自動販売機がどんどん登場している。そして、最近特に注目されているのが次世代型の「サイネージ」自動販売機だ。

前に立った顧客の属性(年齢・性別)をセンサーで判別し、季節や時間も考慮してオススメ商品にオススメマークを表示する、言わばマーケティング機能付き自動販売機なのだ。この自動販売機は既にJR品川駅に設置されており、今後東京近郊の各駅に拡大していく予定になっている。

出典 http://www.nissay.co.jp

アイデアはあるにはあるが…

出典 http://homeguides.sfgate.com

自販機のトップリーダーは言うまでもなく日本だ。が、アメリカの自販機も負けてはいない。フレッシュサラダや、フレッシュジュースの自販機があるらしい。

イギリスでは、「袋に入ったじゃがいも」や「野菜セット」の自販機を考えているというが、果たしてそのアイデアはあまり消費者ウケしないのでは?と思う。新鮮な野菜を買いたい人が多い世の中だ。自販機で売られているじゃがいもや野菜セットをわざわざ誰が買うのだろうか。

世界にはどんな自販機があるのだろうか

出典 http://www.att-japan.net

中国ではなんとロブスターの自販機があるという。更にオーストラリアと中国にフライドポテトの自販機があるそうだ。更にアメリカではレタスやキャビアの自販機がある。そして驚くのはドバイにはゴールドの自販機があるのだ。さすがドバイだ。

インターネットでその日のレートをチェック

出典 http://www.arabiangazette.com

インターネットでその日のレートを設定し、マシーンでゴールドを買うというわけだ。イギリスには絶対このマシーンは来ないだろう。来たら一瞬で破壊されとんでもないことになりそうだ。

イギリスでは、決して「素晴らしい」とはいえない自販機の内容。今後、日本やアメリカの協力によって多様な自販機が設置されることになるのだろうか。その可能性に期待したい。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス