ディズニーシーのショウの待ち時間にツイッターをしていると、とてもパケット通信量が嵩む為、ツイッタークライアントでの工夫をしたりしましたが、定額の無制限(但し非公表の閾値はある)で通信できるU-mobileのSIMカードが届いたのでパーク内でどれくらいのスピードが出るのか見てみました。

格安SIMでも最大の通信速度は150Mbpsを謳っていたりしますが、これは理論上のベスト値で実際には出ないものです。MVNOでdocomo回線を使用していても、そのdocomo回線の先の社内設備が十分でないと1Mbpsしか出ないこともあります。(都内の土曜日の夜に測定した時の記事はこちら)

今回SIMを契約するときにU-mobileと比較対象としたブランドにぷららモバイルがあります。こちらは完全に制限がないのですが、通信速度の最大が3Mbpsに制限されています。その為、今回の測定は「3Mbpsを超えるかな?」というのがポイントになっています。

測定は無料のアプリを利用して次のように行いました。

使用機材
スマートフォン iPhone6plus(Apple)
モバイルルーター MR04LN(NEC)

使用アプリケーション
ドコモスピードテスト

測定日
2015/07/19(土)

測定方法
・iPhoneにはdocomoのSIMを挿す
・MR04LNにはU-mobileのSIMを挿す
・docomo SIMの測定はiPhoneのモバイルデータ回線で測定する
・U-mobile SIMの測定はiPhoneをWiFiでMR04LNに接続して測定する
・測定はパーク内の各地で静止状態で測定する

U-mobile SIMでの通信速度測定結果

出典カイトマン作成

docomo SIMでの通信速度測定結果

出典カイトマン作成

パーク内でいろいろと測定しましたが、表の①と②のポイントでは、U-mobileだけでなくdocomoも速度が低下していました。アンテナ3本の場所では、U-mobileだけでなくdocomoも速度が落ちています。

また、U-mobileの下り速度はクチコミほど遅くない結果となりました。
ポイントの「3Mbps以下」の測定値が1回ありましたが、ほぼそれ以上の速度を維持していました。
これが土曜日の日中だから速度が出ているのかという事も確認したいですが、個人的には土日にパークに行くのがメインなので、それでも問題はありません。

さらに、U-mobileの通信制限の閾値がどれくらいなのか不明ですが、この日は1日で1.18GB通信しましたが、まだ制限はかかっていません。

結論として、私はU-mobileにしてお得になりました。
簡単に試算すると、現状ではdocomo SIMの契約はデータLパック(8GB)契約でさらに通信量が多すぎて1GBを2回追加していましたから、データMパック(5GB)に戻してパケットの追加もなくすと以下の差額です。

 6,700-5,000+1,000+1,000=3,700円

さらに緊急用のモバイルoneのSIMも解約すると900円追加なので以下です。

 3,700+900=4,600円

U-mobileの月額が2,480円なので、浮く金額は月額で以下です。

 4,600-2,480=2,120円

今回、モバイルルーターMR04LNを購入していますが、約12ヶ月で元が取れます。
昨日は1日で1GBを超えても制限がかかってなかったので、U-mobileのパケット量による制限がかかった時に、またその閾値からお得感を計算します。

この記事を書いたユーザー

カイトマン このユーザーの他の記事を見る

ディズニーシーのカイトのファンで、ミシカの頃に撮影を始めました。
今は、年パスで毎週インしています。

権利侵害申告はこちら