口唇口蓋裂児の言葉の訓練の流れについて…。

病院によって言語訓練を始める時期は異なります。
息子は2歳から始めました!
最初はティッシュペーパーを息を吐いて吹く
シャボン玉を吹くなど色々な方法から始まりました。
3歳になった頃から正門破裂音の本格的な訓練がはじまりました。

同じように口唇口蓋裂の子でも病院によって言語の治療開始時期がちがうので息子がやってる治療等を皆さんと共有したい。
そんな思いから書かせてもらってます。

生後8日目からお世話になった先生

この先生がホッツ床やナムの調整をして下さった小児歯科の先生

患者と先生…。
ただそれだけの関係じゃなく私の心の支えになって下さり離乳食の進め方やスプーンなどの選び方、様々なことを教えて下さり先生個人の携帯番号まで教えて下さり本当に心ののケアから何から何でお世話になった大切な恩人です。
今は大学病院を退職されて会うことができないけど時々ラインで息子の経過をやり取りしてます。


息子の通う鹿児島大学病院の先生方は皆さん親身になって下さり本当に助けられてます。
全国各地から飛行機などで通院されてる患者さんもいます。


悩んだとき私達親の心まで支えて下さる先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

この記事を書いたユーザー

ちこ* このユーザーの他の記事を見る

上は25歳〜下は3歳!
4人の子供のお母ちゃんです
よろしくお願いします♪
息子の疾患のこと1人でも多くの方に知って頂いて偏見のない世の中になって欲しいてます。
シェアして頂ければ幸いです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス