お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説『火花』が16日、『第153回芥川賞』を受賞したそうです

出典 http://etutorend.com

又吉さんは本が大好きで趣味は散歩と読書でなんと2000冊以上も読んでいるそうです。
私も本が大好きで読書をしているけどこれほどまでは読んでいないと思います。

出典 http://search.yoshimoto.co.jp

お笑いコンビピースは 又吉直樹さんと綾部祐二さんのコンビです
結成は2003年とのこと。

相方綾部さんやお仲間の方たちから激励の言葉が
ありました。

ピース綾部、芥川賞の相方又吉を祝福 同居の向井&大御所文枝も
お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説『火花』が16日、『第153回芥川賞』を受賞したことを受け、相方の綾部祐二ら所属事務所のタレントが祝福のコメントを発表した。  又吉との“コンビ格差”拡大が現実味を帯びた綾部は「大先生、芥川賞おめでとうございます。これで本格的にアシスタントになる覚悟ができました。これからもよろしくお願いいたします」と自嘲気味に祝福。  又吉と同居するお笑いトリオ・パンサーの向井慧は「又吉さんと出会って8年程、僕の中で又吉さんは、尊敬する先輩でありながら、友だちのような感覚もあり、最近ではお父さんというよりもお母さんのような存在です」と先輩に敬意を示し、受賞については「改めてすごい人だったんだと思い出させていただきました。本当におめでとうございます」と祝辞を送った。  又吉の大先輩に当たる桂文枝は「『火花』を読んで感動しました。本当によかったです。素晴らしい才能をお持ちだと思います」と大絶賛。自身の創作落語を引き合いに「私も創作落語を250作以上作りましたが、又吉くんは才能にあふれています。漫才師でこんなに文才がある人はよしもと100年の歴史でも初めてではないかと思います」と続け、「今後は創作落語を書いてほしいですね」と期待を込めた。  また、お笑いトリオ・ジューシーズの児玉智洋も「おめでとうございます。今夜はすき焼き作って待ってるね」と同居する先輩を祝った。  又吉はこの日、お笑い芸人として初の芥川賞受賞という快挙を達成。ほかに、羽田圭介氏の『スクラップ・アンド・ビルド』が受賞し、直木賞には東山彰良氏の『流』が選ばれた。

出典 http://www.oricon.co.jp

綾部さんとこれからも二人仲好くコンビを続けて笑わせてください。
仲間っていいですね。優しさのこもったお祝いの言葉 又吉さん本人もうれしかったのでは

この記事を書いたユーザー

きららののこ このユーザーの他の記事を見る

だるまの街で生まれ育ちお芋の街へ嫁いで子育て完了
いたって天然 心は若い たぶん
今まで培ってきたこと新しい情報に頑張っていきたいと思います
アメーバブログ
天然だけど夢はある。
http://ameblo.jp/nonoko50/
毎日更新しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス