どきどきうどんの名店 今浪うどん

戦後復興中の貧しい福岡県北九州市小倉の街。
通常は捨てる部位の牛肉を丁寧に処理を施し、醤油で甘辛く煮込まれた肉をうどんのトッピングと出汁に使用されたのがどきどきうどんの始まり。
コラーゲンたっぷりの肉汁がブレンドされたスープの表層には牛脂が浮かび、その牛脂のどきどき(ギトギト)感の様子がどきどきうどんの名前の由来となった。
どきどきうどんは早仕舞いする店が多く、態々早朝を狙って小倉まで走るどきどきフリークが後を絶たない。
北九州市へ来た際は行列を覚悟しても、食べておきたい一品だ。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス