記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
ワンちゃんを飼っているみなさん、いつもどんな風にコミュニケーションをとっていますか?

かわいいけれど接し方がよくわからなかったり、逆にスキンシップをワンちゃんに嫌がられたり……そんなお悩みを解決すべく、ワンちゃんとのコミュニケーションについて獣医師に聞いてきました!

■ 遊びは飼い主主導で行ったほうがいい!?

まず、コミュニケーションを深めるためには、飼い主が空いてる時間に飼い主から遊ぼうと誘います。遊ぶのをやめるタイミングも飼い主が決めます。

もし、犬の方から遊んでほしそうに誘ってきた時に、遊んであげようと思ったなら、一旦お座りか待てをさせてください。それから、飼い主が遊ぼうと声をかけて遊び始めてください。これは、犬に誘われるまま遊んでいると、だんだん犬は自分がリーダーだと勘違いし始めてしまうためです。

一緒に遊ぶのはお互いとても楽しいと思いますが、実はしつけの一環なんです。犬は遊んでくれる人をリーダーとみなします。しかも、ご飯をくれる人より遊んでくれる人の方が好きなんです。

■ ワンちゃんはどんなおもちゃが好き?

おもちゃは、安全なものをいくつか用意します。噛んで欲しくないものに形や感触が似ている玩具はやめてください(例えばスリッパ、ぬいぐるみ等)

ボールやディスク、中にオヤツが入るトリーツホルダー、ペットボトル、ゴム製の玩具などが安全でよいでしょう。これらを2個ずつ組み合わせて日替わりで使うと犬は飽きずに楽しめます。どれか1つだけが大好きで毎日でも遊びたがるものがあれば毎日使っても構いませんが、ここも飼い主主導で決めましょう。

■ 広い場所で楽しみたい!追いかけっこ&かくれんぼ

おもちゃがなくても、動き回れる場所があれば追いかけっこが楽しめます。犬を追いかけて隅に追い詰めたら、次は逃げます。これを繰り返すだけですが、最後は飼い主が逃げる役で終わります。リーダーの後をついていってることと同じになるからです。

また、二人以上人がいたらかくれんぼができます。犬にリードをつけて、犬とチームになる人と隠れる人に分かれます。 最初は隠れる所を見せ、「探して!」の掛け声でスタートします。慣れてきたら、隠れる所は見せずに匂いと声だけで探させます。

他には、いらないバスタオルなどをぐるぐるとロープ状にしたものを、犬にくわえさせ引っ張りあいをするのもよいでしょう。犬が興奮しすぎたら、ロープを床に押し付けて犬の動きを止めて、「アウト!」と言って取り上げます。犬が落ち着いてから、再度始めます。

■ 獣医師からのアドバイス

いかがだったでしょうか?ときには「自由に遊んであげたい」と思うかもしれませんが、犬は従順な生き物なので上下関係をはっきりとさせたほうが犬自身にとってもよいのです。
もちろん、遊んであげるときは飼い主さんも力いっぱい楽しんでくださいね。

Doctors Me 編集部おすすめコラム】

ペットを飼っている妊婦さんは「破傷風」に注意!
急に発症することも!?犬・猫へのアレルギー反応
ブリーダーとペットショップの違いって?
間違った叱り方していませんか?犬の正しいしつけの仕方

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス