「1000ポンド(約20万円)でどうだい?」イギリスのマンチェスターで、生後3か月の女児を売ろうとしていた男が、警察に逮捕された。

事件はタウンセンターで起こった

出典 http://www.dailymail.co.uk

目撃者によると、ベビーカーを押した男が、タウンセンターで数人に声をかけていた。「この赤ちゃん、1000ポンドで買わないかい?」男は街のベディングショップ(レースでお金を賭ける店)のドアを開け、客にそう言ったのだ。

目撃者が警察に通報

出典 http://www.dailymail.co.uk

マンチェスターのタウンセンターで、しかも真昼間に派手に人身売買を行うとは。目撃者の協力により、警察は写真を公開。男が市内から一歩も出られないように捜査網を引いた。

そして早急の逮捕となったのである。なんと28歳の男は、実の娘をたかだか20万円そこそこで売ろうとしていたのだ。

育児放棄で逮捕された男。金に困っていたとはいえ、我が子を売ろうなどとする時点でもはや気がおかしい。声をかけられた人達もギョッとしただろう。

しかもこの男、スーパーの中でまで、このように客に声をかけていたのだ。確かに買い物客がいるスーパーだが、誰も赤ちゃんを買いに来てる人はいない。

タイや一部のアジアでは、闇の人身売買が行われているという悲しい話を聞くが、イギリスで白昼堂々と行うとは何事だ。

警察は今、男に事情聴取をしている最中だという。今回は、庶民と警察がチームを組んだことによってこのとんでもないバカ男が捕まり、救出された女児は元気だということなので安心した。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス