最近話題の理想の男性像、ご存知でしょうか。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

社会的情勢や、女性の社会進出などに伴い、女性が男性に求めるものが大きく変わってきました。皆さんの理想の男性像と、本日ご紹介する3生男子は、一致するのかどうか、ぜひご覧ください。

かつては「高収入・高学歴・高身長」の「3高」がモテの必須条件でしたが、これからは「生存力・生活力・生産力」の「3生男子」が狙い目だそう。

出典 http://news.line.me

3要素についての説明は、こちらです。

生存力。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

不景気なこの時代に、生き残れる力のある「生存力」。言い換えればサバイバル力と言ってもいいでしょう。

生存力とは予期せぬ壁が立ちはだかったときにも戦えるだけの力のことです。突然リストラにあったりクビになったりしてしまったときにしょんぼりと落ち込んでしまうのではなく、次のステージへと果敢に突き進んでいく姿勢のことを言います。

出典 https://nanapi.jp

生活力。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

次に大切なのは、一通りの家事がこなせ精神的にも経済的にも自立して生活できる生活力。親のスネをかじったり精神的に依存したりするのではなく、自分ひとりを養っていけるだけの経済力と、ささいなことで不安定にならない精神的な強さのことを指します。

出典 https://nanapi.jp

生産力。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

生産力とは、いざというときに新しい道を切り開いていく力や、自ら生み出していこうとする力のこと。仕事や恋愛で大切なものを失ったあとでも立ち直れるだけの精神力と、新たに創造していくことのできる人脈や人望を持っている人間力のことを指します。

出典 https://nanapi.jp

バブルの時に流行したのは、「高学歴・高収入・高身長」の3高男子。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「長男ではない」を加えて、四高とすることもあるそうです。今ではあまり重視されていない3高男子ですが、バブル期は、高成長期で国民全体が上を目指し、他人がライバルで皆が見栄を張りあっていたとか。

人よりよい暮らしをするために、お金持ちの「高収入」、他人に威張るための「高学歴」の男性が求められていたそうです。

バブルの後に流行したのは、「低姿勢・低依存・低リスク」の3低男子。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

3低男子とは、物腰が柔らかで、自立して、将来に向け安定した職業についている男性のことを指すそうです。

自分の価値観を押し付けない低姿勢の男性が求められ、また、女性自身の社会進出もさかんになり、仕事や趣味で忙しく、放っておいても洗濯や身の回りのことは自分でできる低依存の男性が求められていました。

昔は主従のようだった夫婦関係から、対等に相手を認め合わないと成立しない時代になったという象徴のようなキーワードですね。

理想のパートナーシップは、人それぞれ。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

時代とともに理想の男性像は変化していきますが、大切なことは世の中の理想の男性像ではなく、自分自身が一緒にいたいと思えるパートナーと出会うことです。

よきパートナーと出会えること、そしてすでに理想のパートナーに出会っていらっしゃる方は、さらに素敵なパートナーになれるよう、3生男子のお話をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス