記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
妊娠5カ月に入ると、周囲から「戌の日」や「腹帯」という言葉が聞こえ始めます。特にお母さんやお姑さんなど、比較的年配の方から「戌の日はいつなの」と聞かれることが多いのではないでしょうか。
今回は、この戌の日の由来と腹帯の注意点についてお話ししたいと思います。

“犬”は古来より安産の象徴だった

出典 http://www.gettyimages.co.jp

日本には古来より、妊婦さんが妊娠5カ月目に入ると、最初の「戌の日」に腹帯を巻いて神社に安産祈願のお参りにいく風習があります。

年の十二支は有名ですが、それと同じように日にちにも十二支があり、12日に一回、戌の日がやってきます。多産でお産も軽いことで知られる犬は安産の象徴と考えられていて、これにあやかって「戌の日」にお参りに行くことで、赤ちゃんを授かったことに対する感謝を示し、安産を祈願することが習わしとなっています。

腹帯の巻き方に注意して!

妊婦さんが腹帯をつけるにあたり、実は医学的にはいくつかの注意点があります。

最も注意したいのは、巻く位置と巻き方です。
決してお腹には巻かず、骨盤の下の方を優しく保護するように巻いてください。
きつく巻いたり、巻く場所が上すぎたりすると、赤ちゃんに栄養や酸素を送る血管を圧迫してしまうこともあるからです。日本の妊婦さんに妊娠高血圧症候群が多いのは、この腹帯の風習が関係しているのではないかという説もあります。

腹帯は必ず巻いた方がいいの?

腹帯は必ず巻かなければいけない、というものではありません。帯で保護しなくてはいけないほど冷える生活環境で暮らしている妊婦さんは稀ですし、帯を巻くこと自体あまり経験がない、という方も多いはずです。

あまり自信がない場合は、腹帯を使用しなくてももちろん元気な赤ちゃんは生まれますから、お参りを行うだけでもいいと思いますよ。

<<あなたのは妊娠力は?>>
 ▶ 今すぐ診断START


Doctors Me 編集部おすすめコラム】

妊娠してからの便秘の原因2つ&解消法
持病の薬を服用中。それでも妊娠可能?
妊娠中の「HELLP症候群」に注意!
妊娠中に避けたい4つのこと。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら