つい先日、イギリスロイヤルファミリーの、ケイト妃とウィリアム王子の長女シャーロットのクリスニング(洗礼儀式)が行われたのを記事にさせて頂いたばかりだが、今回、メディアにオフィシャルショットが公開された。

写真家は、亡きダイアナ妃のお気に入り

出典 http://www.royaltyandhollywoodjewelry.com

故ダイアナ妃がお気に入りだったというファッション・フォトグラファーのMario Testinoが今回のオフィシャルショットを担当した。

オフィシャルショット初公開

出典 http://www.dailymail.co.uk

ケイトの美しさは何回も述べているので、今日は控えめにしたいと思う。ケイトが着ているこの純白のドレスは、アレキサンダー・マックイーンのものだと判明した。

天才的な才能を持つ彼は不幸にも自殺という形で人生を終えてしまったが、彼の作品は有名だ。今ロンドンのV&Aでは、アレキサンダー・マックイーンの特別展示が行われている。

余談だが、エリザベス女王が前の席に座るのは、女王であるから当然であろう。しかし、その斜め右横に女王の夫フィリップがまたもお付きの人のようにひっそりと立っているではないか。

彼は94歳である。お年寄り優先で、座らせてあげたほうがいいのでは…!?と余計なことを思った筆者であった。

ノーブル感溢れる母子ツーショット

出典 http://www.dailymail.co.uk

笑顔が眩しい!父子ツーショット

出典 http://www.dailymail.co.uk

ジョージの笑顔はモノクロでもメロメロ度100%だ。可愛過ぎる!

ケイトの笑顔が亡きダイアナ妃を彷彿とさせる

出典 http://www.dailymail.co.uk

顔形は全く違うのに、なぜかこのケイトは亡きダイアナ妃を思い出す。ダイアナも気品高く、優雅な女性であった。しかし、それを決して自慢したりはしなかった。ケイトもそういうところがとても似ている。

そして…やっぱりジョージ!

出典 http://www.dailymail.co.uk

仁王立ちして、パパラッチに威嚇か!?と思えるような、しかしとっても可愛いジョージである。彼はロイヤルファミリーのマスコット的存在であるに違いない。

将来、彼が王子になる日が来るのだが、今はぽっちゃり子供らしいままでいて欲しい~!と密かに思う筆者。

先日のメディアカメラマンによるジョージのショットもかなり可愛かったが、有名カメラマンによるオフィシャルショットも、高貴な匂いがプンプンでなかなか素敵ではないだろうか。

しかし、やっぱりジョージのオフショットをもっと見たいと思ってしまう筆者なのであった。今後もケイト&ジョージの追跡にこうご期待!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス