ケニアのマサイマラ国立公園で、なんと観光客の乗ったジープにジャンプしたチーターが、膝の上に座りそうな勢いで近付き、観光客がヒヤリとするシーンがイギリスのメディアで報じられた。

お腹を空かせたチーターの家族が…

出典 http://www.dailymail.co.uk

ジープに同行していたカメラマンのデイヴィッド(62歳)は「今までの人生で、こんな瞬間は見たことない」と驚いたシーンが撮影できた。

チーター家族は、3日ほど何も口にしていないという。お腹が空いているであろうチーター一家だが、ジープに慣れているのか、家族で集まってきたのだ。

す、すごいジャンプ力!!

出典 http://www.dailymail.co.uk

さすがチーター。もの凄いジャンプ力である。が、乗っている観光客はびっくりだろう。窓ガラスがないためにまるで「襲って下さい」と言わんばかりのジープだ。大丈夫なのだろうか?

獲物に目をつけた…!?

出典 http://www.dailymail.co.uk

ジープの後部座席に座っていた、アイルランド人観光客のミッキー・マクラルディンを見つめるチーター。怖いけど、一応笑顔で応えるミッキーさん。微妙な距離感だ。

ギャー!!膝の上に乗ろうとしている!?

出典 http://www.dailymail.co.uk

噛みつくのかと思いきや(それは困るが)、なんとチーターはミッキーさんの膝の上に乗ろうとするかのように、近づいて来たのだ。これにはミッキーさんもヒヤリ。「ちょ、ちょ、ちょっと…!!」と言わんばかりのミッキーさんの表情だ。

なんとチーター一家ジープの上でくつろぐ、の図

出典 http://www.dailymail.co.uk

ジープの中では緊張感で固まる観光客

出典 http://www.dailymail.co.uk

すっかりくつろいでしまっているチーター一家に、観光客も戸惑いと不安を隠せない。ミッキーさんの家族は「この後、もしかして襲ってくるかもしれないってヒヤヒヤしていました。」と語った。

カメラマンのディヴィッドと彼の妻は、長い間ケニアに住んでいる。「普段、そんなに危険には感じないけどここまで近づいてくるのは初めてだね。旅先では、ほんとに何があるかわからないね!」とコメントしたそうだ。

みなさん、ご無事で何より

出典 http://www.dailymail.co.uk

チーター一家を乗せたまま、走り出すジープ。観光客全員無事だったようだ。しかし見ている方もハラハラだ。先日、サファリパークでアメリカ人の若者が、ライオンに噛み殺された事件があった。

写真を撮ろうと窓を開けた瞬間にライオンが襲ってきたのだ。襲われた少女は、残念ながら亡くなってしまったが、車の窓を開けるなんて問題外だという批判も起きた。それなのにこのジープの解放感は、危機感が全く感じられないが安全上、大丈夫なのだろうかと思ってしまう。

飼っている動物でさえ、しょせんは動物なのでふいに噛み付いたりする場合もある。こちらが大丈夫、と思っていてもやはり注意が必要だ。

ましてマサイマラの国立公園。野生のチーターに、膝に乗って来られようとしたミッキーさんはハタ迷惑&恐怖だっただろうが、いい土産話ができたことだろう。話を聞いた人が信じてくれたら、の話だが。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス