パスコというNBものながら、セブンのパン棚の一角で、何故かバスケットに収まって販売されていた物件。チョコまみれ風の容貌に釣られるようにしてトライです。


ブランのやつって、ローソンからは結構出てましたが、パスコもやってたんですな。そして、本品はレタス1個分の食物繊維も含まれておるということで、一種健康食品のようですなあ。


外装全景

まるでチョコ菓子のようなパッケージ、本体見栄え。チョコ味走ってますね。


栄養成分等

熱量244kcal、ナトリウム135mg(食塩相当量0.3g)、脂質12.8g。チョコを前面に押し出してる割には、熱も脂もまったく大したことないレベル。準チョコなんですかねえ。


ブツ(表裏・大きさ)

ゴワゴワッとした表面。確かにグラノーラしてます。チョコチップ、そしてナッツみたいなのも練り込まれています。裏面のパイ生地っぽい焼き具合もイイ感じですねえ。


ブツ(端・アップ・縦図)

側面の幾層に重なったところが、やはりパイというかミルフィーユ的。いや、ミルもないか、10ぐらい…。


ブツ(内部)

割ってみますと、層が強調されます。これ、手触りはちょっとしっとりしてるんですが、その反面、結構崩壊しやすくもある。


食べてみました

これ、開封と同時に濃厚なチョコの香りが立ち上りまして、この点でもかなりチョコレート感強しなんですな。で、いただきますと…、ほお~、お味的にもしっかりチョコですわ。いやホンマ、パン類というより、ほぼお菓子と言っていいテイスト。

全体的にはしっとり、かつ、タイトな食感でして、さらにチョコチップとナッツが程よいアクセントになっているという、有名どころの洋菓子のようなちょっとゴージャスな印象を持ちました。チョコがばっちし効いてますけど、それでいてしつこいとか、ダダ甘なんてこともなく、敷島さんらしい品の良さを感じますね。重くなる一歩手前の絶妙さ。

いや、実際食べる前はブランだの食物繊維だのということで、味的にはちょっとショボイんちゃうか~とか、パサパサやも…とか思ってたんですが、誠に失礼しました。全然そんなことはなく、純粋に美味しい一品でした。そういや、何か違う色のヤツもあったな。今度試してみよう。


この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス