シンガポールといえば、とても清潔な国として知られています。比較的治安も良いので、海外旅行に慣れていない方でも旅行がしやすいということで人気があります。

そんなシンガポールですが、旅行会社でツアーを申し込むと、事前に注意されることがあるのをご存知でしょうか。それは、日本人からするととても意外なことなんです。

入国する際、持ち込み禁止の意外なものとは

外国に入国する際、持ち込み禁止のものというのはいろいろあります。動植物とか、一部の薬品類とか、銃とか、「そりゃそうだ」と思うものがほとんどです。

しかし、シンガポールの場合、とても意外なものが持ち込み禁止なのです。それは、「チューインガム」!

なぜ「チューインガム」が持ち込み禁止なのでしょう?

エレベーターのボタン、ドアノブ、郵便ボックスなどに、ガムをつけるという悪戯が長い間続いたことで、この法律を定めたようです。

出典 http://blog.compathy.net

なるほど、そういう理由があったんですね。

では、もしガムを持っていたらどうなるのか?

罰金刑ですがシンガポール・ドルで1万ドル(日本円で約80万円)というのですから、結構な額です。密輸をした者に関しては、最長1年間の禁固刑と約2万1000シンガポール・ドル(日本円で約170万円)の罰金が科されるんだそうです。

出典 http://golden-zipangu.jp

ひえー!めちゃめちゃ高額な罰金です。

もちろん、その他にも厳しい法律が・・・

シンガポールは、とにかく清潔であることに気を使っている国です。他にも「唾を吐いたら罰金」「ゴミを捨てたら罰金」など、日本にはない法律が。気をつけて旅行しないといけませんね。

ツアーで行く方は旅行会社からいろいろと注意されるからまだ良いのですが、トランジットでちょっと寄る、など、あまりシンガポールについて調べないで行かれる方は注意が必要です。

この記事を書いたユーザー

MILK78 このユーザーの他の記事を見る

食べる事と旅行する事が大好きな、好奇心旺盛ブロガーです。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ

権利侵害申告はこちら