同社新作ということですが、その割にはパン棚に大した数並んでなかったですな。それだけ売れてるってことなんでしょか…。


ハーブとか香りものってあんまり得意ではないんですけど、まあ菓子パンクラスなのでさして強烈なこともなかろうと、だろう運転モードでトライです。


外装全景

カルダモンっちゅーのも名称を耳にしたことはあるけど、何のことなのかは未知。食材の一種なんでしょう多分。地名やったりして…。


栄養成分等

熱量276kcal、ナトリウム180mg(食塩相当量0.45g)、脂質16.0g。ホイップクリーム含有にしては、熱も脂も中の下レベルの値ですかね。製造はヤマザキ。


ブツ(表裏)

開封すると、特徴的な内ケースに収容されてました。えらい仰々しいですな。本体は小ぶりなハンバーガーのバンズといった感じ。表は砂糖でちょっとネチャッとしてます。裏は素。


ブツ(横・アップ)

サイド図はさらにハンバーガー感上昇ですなあ。しかし、ブリオッシュってもっとしジュワッとした菓子ではなかったか…。


ブツ(内部)

カパッと開きますと、パテではなくちゃんとホイップが入ってました。ソフトクリーム風です。この感じがつぶれんように、ケースを使ってたんですなきっと。普通はわざわざ開かんとは思いますが…。


食べてみました

まあとにかく、こんな分厚かったら食いにくいんで、再びフタをして悪いがちょっと押しつぶし気味にかぶりつきましたところ…、おお、まさにハーブでカルダモン調のテイストが…などということは特になく、超普通のホイップクリームパンでしたわ。

強いて特徴を挙げれば、クリーム部がかなり軽やかって点ですかね。ホイップの面目躍如たるところであります。見た目結構コテッとしてるんですが、食感的には全く逆でヘヴィさ皆無、甘みも弱くはないけどやはり軽い感じ。ごく普通に美味しい一品でした。


この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら