TETSUグループの夏限定ラーメン

TETSUグループは、グループ27店舗の店長が展開した夏限定メニューの中から、ラーメン選手権で優勝した「赤い冷製モンゴリアンヌードル」を系列22店舗で販売を開始した。
 赤い冷製モンゴリアンヌードルは、トマトの酸味、唐辛子の辛味、肉味噌の甘味を生かした冷麺で、一般的な冷やし中華よりも太い麺を使った冷やしラーメン。展開は、つけめんTETSU、つけめん102、きみはん、キンシャリ屋の合計22店舗で販売する。提供期間は8月31日まで。

出典 http://lunchpress.com

変わった名前のラーメンですね。この夏限定というレア感もたまりません。

早速食べてみた

ニュースを見る前に店頭でその存在を知った筆者。興味本位で早速食べてみる事にしました。

出典筆者撮影

本当に真っ赤なスープでいかにも辛そうですが、一口すすってみるとそうでもありません。唐辛子の赤みというより、トマトの赤みのようです。(実際、トマトが入っています)たとえるなら、冷麺のスープに近い。

麺は平べったいちぢれ麺。モチモチしていて美味しいです。これに、真ん中にド~ンと入っている肉味噌とネギを絡めていただきます。思った以上にイケます!

なぜ「赤い冷製」というネーミングなのか?

「赤い」を先頭に持って来たのは
やっぱり
「赤い冷製」と
「赤い彗星」と、、、似ているから?でしょうか!?

出典 http://ysb-freeman.com

私も同じことを考えてしまいました。

まだリリースされたばかりなので、アメブロやツイッターなどで感想を収集することが出来ませんでしたが、これ、本当に美味しいので、お近くに該当店舗がある方はぜひ食べてみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

MILK78 このユーザーの他の記事を見る

食べる事と旅行する事が大好きな、好奇心旺盛ブロガーです。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス