戦争と言う言葉であなたは何を最初に考えるでしょうか? 戦争で何かを得る物があるのでしょうか? 戦争は失う物の方が断然に多いと私は思います。

出典 http://www.katoshoten.jp

鹿児島県の知覧特攻隊記念館に飾られている一枚の写真。10代の若者達が、出撃直前に子犬と戯れている写真です。 彼らは何を思い、何の為に、片道だけの燃料しか入っていない飛行機に乗って、神風特攻隊員として、人生を終わらせたのでしょうか?



出典 https://ja.wikipedia.org

知覧特攻平和会館の中には約4500点の写真や遺書、特攻隊員の遺影1,036柱などが展示されています。私は何度もここの記念館を訪れています。

最後に家族へ宛てた若者の手紙や遺書の中に、家族を思い、残される母親を心配する言葉を残す若者『日本の為に私が突進してまいります!』という感じの手紙、
『母さん俺は大丈夫だ。妹の世話が出来なくなるけど元気で暮らして下さい・・』など、
最後の挨拶を綴っている手紙は涙無しでは読む事が出来ない物ばかりです。

出典 https://ja.wikipedia.org

北海道からの特攻隊員の最後の手紙に、『俺が死んでも悲しむやつがいるべかな?』と、短い言葉で綴った手紙が、私の記憶の中にいつまでも残っています。

出典 https://twitter.com

10代のこれから人生が楽しくなる、まだまだ若い男の子達。写真の中には、まだ幼さが残る面影の若者も沢山写っていました。

自分にも同じ様な年齢の息子がいます。自分の子供を快く特攻隊員として、戦争に出す親がいるのでしょうか?私は絶対に出来ません。しかし、戦争時代に生きた人々の中には、戦争に息子達を出す事が誇りと思っていた人が、少なからずいたと思います。または多くがそう思っていたのでしょうか? そして、多くの若者の命が消えて行きました。

出典 http://blog.goo.ne.jp

戦地へ出向いて行った若者ばかりが犠牲になるわけでは無い戦争。 この写真は原爆で亡くなった幼児を背中におんぶして、火葬の順番を待つ幼い男の子です。
背筋をピンと伸ばし、全身で耐えている姿を見る時に、戦争とは何なのか?と考えさせられます。



日本は戦争はしないと宣言しています

出典 http://blog.livedoor.jp

しかし、世界の至る所で今でも戦争が起こっています。多くの人々が戦場に行き、多くの者が命を落とし、戦場の地で暮らす多くの市民が、命を落としている現状。

出典 http://www.madameriri.com

イラク戦争で亡くなった父親の葬儀で、国旗を受ける息子の映像


多くの人々を悲しませる戦争。何の為にあるのでしょうか? 戦争が無くなる世界が
いつかやってくるのでしょうか?

あなたは戦争についてどう思いますか?





この記事を書いたユーザー

ちびか〜ちゃん このユーザーの他の記事を見る

http://ameblo.jp/48chibiakemi/

『ちびでございます・・・』というブログを書いています。
身長143センチしか無い鹿児島出身のちびか〜ちゃんが
アリゾナから山あり谷ありの珍騒動を絵日記でお届け中!
色んな事や物に興味をもって、気になるととことん調べたくなるタイプです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス