野心を心に秘めて

地下アイドル、インディーズアイドル、アマチュアミュージシャン、メディアの露出がない、或いはその機会が少ない、アーティストの呼び方は色々あるけど、言葉には出さなくてもみんな、野心は持っていると私は勝手に思っている。

有名になりたいけどそのチャンスがなかなか掴めない人も大勢いると思う。中にはそんな高望みしてないよー!とかいう人もいるけど、本当に趣味で音楽をやっているだけならライブハウスで歌うことなんてしないんじゃないかな?

そんなアーティストさんに歌える場所を提供してくれるのがライブハウスだったりする。サイトで調べて見つかるライブハウスは東京だけでも450軒以上ある。自分が出演させていただいたライブハウスだけでも40軒を軽く超える。その中でも親身になって相談に乗ってくださったり真剣に向き合ってくださる、ライブハウスがあさがやドラムさんです。


あさがやドラムの歴史を紐解いてみる

あさがやドラム(あさがやどらむ)は、東京都杉並区成田東五丁目にあるライブハウス。アキバ系アイドルの登竜門的な存在であり、声優の卵や地下アイドルが多数出演する。リニューアルオープンでオーナーが、現在のオーナー小川敬一に代わった。
オープンは2000年10月、リニューアルオープンは2004年7月3日

出典 https://ja.wikipedia.org

Wikipediaより

11周年ってよく考えたら私が6歳の頃。その11年という歳月の中で、あさがやドラムのステージには色々な出演者さんが立っているということ。実にそうそうたる方々があさがやドラムのステージに立っている。

いちご姫、小尾元政 - 小尾元政 Presents アコギな夜を主催。かせ栞、きこうでんみさ、木ノ下ゆり、串田アキラ、久保亜沙香、桜川ひめこ、とろ美、長友仍世(infix)、橋本潮、FICE、夢紗、YOFFY(サイキックラバー)、鷲崎健(主に小尾元政 Presents アコギな夜への出演)、竹原ピストル(ex.野狐禅)、寺嶋ゆふ(ex.BiS)、関口誠人(ex.C-C-B)三姿舞、大野敦子、その他多数

出典 https://ja.wikipedia.org

ウィキペディアより引用

芸人ではなく「うたうたいびと」です 痛さは隠せないけど

私自身は地下アイドルと呼ばれるところからライブ活動が始まったので、その頃も現在も所謂、アイドルライブと呼ばれる対バン形式のライブにも月に5本ペースで出ている。兄とのユニットで活動しているから今はアイドルではなく「うたうたいびと」を名乗っているがその呼び方は全く、浸透しておらず、また「痛ドル」というライブに3回ほど出演させて頂いているので、もしかしたら「ななかと!」は痛ドルだと思っている方も多いかもしれない。確かに兄と私が並んでステージに立っているのを見て正統派アイドルだとは誰も思わないだろう。初見のお客さんの中には芸人さんだと思っていた方もいらっしゃった。

それはそれでインパクトがあるってことだと思うからいいとして、兄妹のユニットですら地下アイドルライブのステージに男が上がるなんてけしからん!!とおっしゃる方も多くて正直、「ななかと!」じゃなく七歌単体で!という主催者さんがいることも事実です。

そこは主催者さんの方針だったりするので仕方ないことではあるし、納得もするけれど例えば「ななかと!」のオリジナル曲を一人で歌うのはなんか違うんじゃない?と最近、私は思ったりもするのです。そんな葛藤を綺麗に払拭してくれたのがあさがやドラムさんで2013年7月からあさがやドラムさん主催のライブにちょくちょく出させて頂いてます。

お笑い芸人さんじゃありませんww

魅力あふれる箱主催 ライブイベント

ライブと言っても、実は色々な形態がある。イベンターと呼ばれる主催者さんが運営するライブ。事務所が主催するライブ。最近では地下アイドルさんが自分でブッキングして御自身も出演する、主催ライブも増えている。特に地下のライブは資金さえ調達できて、地下アイドルに人脈さえあれば、正直、誰でも主催者になれたりはする。私たちでさえバースデーライブやCD発売ライブの主催はやっているので。

だが、それを一度きりではなく定期的に続けていくのは資金力だけではなく、人と人との信頼関係がなければ不可能な話。

たとえ、ライブハウス主催のイベントであっても、オーナーさんやスタッフさんとの信頼関係がなければ出演者もお客さんも集まらないだろう。
箱(ライブハウス)主催のライブが多いライブハウスは出演者からもお客さんからも慕われるオーナーさんやスタッフさんがいるということだと私は思う。

アニソンアコースティックナイト 
全曲、アコースティックギターやピアノといった生楽器伴奏で歌うアニソン限定ライブ!!アコースティックといっても、しっとりとしたきょくだけじゃありません。あれ??いつも聞きなれた曲が・・・・。と新たな魅力が見つけられるかも・・・。

Vo-girl アコースティック
全曲、アコースティックギターやピアノといった生楽器伴奏で歌うライブです。
え?こんな曲アコギでやるの?(できるの?)という曲や、みんなで手拍子して盛り上がるような曲もしばしば。あさがやドラムは、アコースティックの音がとてもキレイなライブハウス!ということも知っていただけるライブだと思います。

Happy Holiday! 20
「ハピホリ」の通称で親しまれている、女性ボーカル、アイドル系・ノンジャンルバラエティーライブ。MCりりぃちゃんによる、軽快なトークもあって、楽しい時間を繰り広げるエンタメ系ライブです。

Happy Hoiday! Vocals
本格派、実力派のボーカリストが終結! 高い歌唱力、優れたステージパフォーマンスで魅せて聞かせるライブです。 数ある女性ボーカル系ライブの中でも、最高峰のクオリティーを誇ります。あさがやドラムに出演する女性ボーカリストの中には、このライブに出演することを目標にしている方が、少なくありません

アニソンホリデーZZ
元祖アニソンライブ!!あさがやドラムができる以前から続く老舗イベントのひとつ。企画の3人(高嶋ふみ・木ノ下ゆり・りりぃ)を迎え「アニソンホリデーZ」から「アニソンホリデーZZ」にバージョンアップ。毎月テーマに沿った OP全員曲とメドレーコーナーも見どころの一つ。最新アニソンから、懐かしのアニソン、王道アニソンまで見どころ満載です。


ノンストップボカロライブ 目指せ1000曲!2015
隔月で行われている、とにかくVOCALOID楽曲を歌い倒すライブ。3部構成で行われるこのライブ、途中のMCは一切なしに出演者がひっきりなしにステージに上ってボカロを歌い続けます。ボカロに馴染みのない方でもこのライブにくればちょっと、ボカロに詳しい人になれます。各部ごとにオープニングとエンディングでは全員での合唱があり、時にはお客様も参加して大いに盛り上がることも!!

出典 http://asagaya-drum.com

一部、七歌が書き足させていただきました。

多彩な出演者さんたち

男性シンガーにもっと光を!!!

最近、思うことなんだけどアイドルライブは毎日、都内のライブハウスで幾つも開催されているけど地下アイドル以外の例えば男性ボーカリストさんが出られるライブは数が少ない。特にバンドじゃないソロの男性ボーカリストが出演できるライブは本当に珍しい。

需要がないからと言われてしまえばそれまでだけど、本当に需要がないのだろうか?最近はちょっとブームが去った感じではあるけど、数年前までは新大久保辺りでは韓流の男性アイドルユニットやボーカリスト、目当てのおばさまたちがライブの開場待ちで行列を作っていたはずなのに?

それって、需要がないからじゃなくて話題性がない、もっと言っちゃえば男性シンガーさんのライブがあるってこと自体が知られていないからなのでは?

あさがやドラムで毎月、行われている「綿棒 メンズボーカリスト限定ライブ」、これって私的にはめっちゃめちゃ推したい!!というのも出演者さんの歌唱力が本当にヤバイから!!

男性アイドルさんってわけではないので誰も踊らないし、ルックスだけで言っちゃえば今風のチャラいイケメンは出演してないけど音楽が好きで生で歌が聴きたいっていう女性にはぜひ、一度、足を運んでいただきたい!!

一応、ご本人に許可をいただけた方だけ紹介すると・・・

神楽遊さん 甘くてビターな大人の優しさ

凄く綺麗で良く響く声の持ち主。大人なゲームソングをよく歌っていらっしゃるんだけど、甘くて優しい声でその心地良い、歌声で眠りに誘われてしまうことも。多分、究極の癒し系ボイスなんだと思う。曲紹介的なトークも面白くってちょっと頭の足りない私が質問するとどんなことでもわかりやすく解説して答えてくれるウィキペディアみたいな人です。歌うときには必ずきつね耳としっぽが生えてます。

Mr.OUTSIDE  あんな日本人はいません

とにかく普通じゃない。変態レベルに歌がうまくてリズム感がオカシイ。外見はコッテコテの日本人だけど中に黒人さんが入ってんじゃないの?っていう感じ。伸びやかで透明感のある声で歌う、横乗り系なカバー曲は本物に勝るとも劣らないと私は思う。私だったらあんだけ歌えたらドヤ顔で女の子をナンパしまくると思う。しかし、彼は見かけによらず凄く真面目な紳士なのでそんなゲスいことはしません。
最近、改名されたのだがここだけの話、元羽方ヒカルさん。改名されてからまだお会いしてないのでアウトさんって呼ぶべきかサイゾーさんって呼ぶべきか迷うところだ。

小川敬一さん 爽やかおじさま系シンガーさん

あさがやドラムのオーナーさん、実はめちゃめちゃ爽やかな歌声のボーカリストさんでもあるのです。アコギな夜というライブや綿棒でもたまーに歌ってくださるんだけど、アコースティックギターを弾きながら歌う、小川さんの声はとても好きです。何を隠そう、私たちのオリジナル曲の作曲をしてくださったのも小川さん。だからお世辞だろって思うやつ、ちょっとこっちきて小川さんの歌を聴いてみなさい。

ちなみに私の相方でもある、家のあんちゃん(TAKE)もこのライブにソロで出演させて頂いてます。歌はね、結構それなりに上手いのよ、125kgだけど。

あんちゃんが出演させて頂いている関係で神楽さんやサイゾーさん?(元羽方さん)とも仲良くなってライブでお会いする度にかまって頂いてるんだけど正直な話、本当にもっともっと、多くの方に聴いていただきたいなーと!!こんなに歌える人たちがいっぱい出ているライブなので多くの方に知って頂きたいです。

満漢全席のような女性ボーカリストの面々

木ノ下ゆりさん 永遠の魔法少女

ゆりりんこと木ノ下ゆりさんはクリィミーマミやミンキーモモなどの80年代、90年台の魔法少女、アイドル、アニソンが大好きな正統派アイドルさん。ご自身で作詞作曲も手がけている。PS2用ゲーム「MELTYBLOOD」エンディング曲も歌ってらしたすごい方。綺麗で伸びやかな高音のビブラートは聞いてていつも、うっとりする。春のよく晴れた日にお散歩してる気分になるんだよな。ひょっとしたら魔法少女ゆりりんの不思議な魔法をかけられているのかも?

柚木侑璃さん 変幻自在のコスプレボーカリストさん

ハイクオリティーな自作の衣装でコスプレして実に色々な方とコラボされてたり、ユニットを組んでたりでその度になんだか、違う人を見ているような印象。ツヤッツヤの美声で、どのユニットでも聴き応えのあるハーモニーを奏でる歌は勿論、演出も衣装も見どころたっぷりっていう凄い方。既に4回めを迎える、アニソンとコスプレとポールダンスを融合させたライブイベントのプロデュースと主催も務める、多才なシンガーさんです。

水地こはるさん 謎すぎるシンガーソングライターさん

目眩がするほど不思議な世界観のシンガーソングライターさん。すっごく可愛らしくてどこから声が出てるのかわからないほど、綺麗なハーフトーンの声。歌もすっごくお上手なんだけど何だか深い森に迷い込んで抜け出せなくなる空気感は他に見たことない感じ。フルートもピアノもめっちゃめちゃ上手でお琴の演奏までできるんだけど見れば見るほど、聞けば聴くほど謎が深まるばかり。水地さんの作る曲は天才すぎてアレンジが難しいとアレンジャーさんに言われているらしい、が実は水地さん、妖精だから無理もない。

自称 可愛すぎる振付師兼ボーカリスト 榊音結依さん

ステージで歌って踊ってる姿は凄くパワフルで、身長165cm位に見える。初めてお会いした時、あの完成度の高いパフォーマンスと素敵な歌声はなんなんだ!?衝撃を受けた。さらにステージから降りてきて隣に並んだら私より小柄なことにビックリ!あとで知ったんだけど某音楽スクールでダンスを指導する現役の先生で、振り付け師さんだった。見出しの自称可愛すぎる振付師は榊音さんの自己紹介でのフレーズです。

七色ボイスの声優さん 髙嶋ふみさん

特撮とロボをこよなく愛する146cmのちびっこ声優さん。だけど歌声は時には大迫力のパワフルボイス、時には萌え萌えのロリっ子ボイス。アニソンや特ソン(特撮ソング)のイントロの口上の再現度がハンパない!!声優さんって本当に声を自由自在に操れるんだなーと感動しました。色んなイベントでMCを務めたり、時にはコーラスまで担当してしまう多才な方なのです!歌はアニソン好きなら誰でも知ってるMIQ姉さんのお弟子さんですから上手くないワケがない!!

iPhone/iPad パズル「ツナゲ!」のゲームボイスやスマートフォンアプリ「エンジェルマスター」のゴモリー役、テレサ役、任天堂WiiWare「ジャンケンパーティーぱらだいす」グーリャン役、パーシー役なども務めるお方です。 ANIME WEEKEND ATLANTA2014で歌ってきちゃった凄い人なのに、私のような無名なやつとも仲良くしてくださる優しいお姉さんです!!

楽屋も楽しい素敵なライブハウス

本当はもっともっと他の出演者さんもご紹介したかったんだけどご本人の連絡先がわからず、許可が取れなくて書けなかった方も含めて、あさがやドラムで出会った方々は本当にみんな、優しくて面白くって素敵な方ばっかりで楽屋もすご~く楽しい。

本当は凄い方で私なんかが普通に話せないようなキャリアも実績もある方々なのに皆さん、とても気さくに話しかけてくださる。

その空気感って多分、オーナーさんや奥さんのお人柄が作り出しているんじゃないかと思う。優しくて面倒見が良くて、的確なアドバイスをくださる小川さん。
優しくて気立てが良くて、何かあればお客さんにでもビシッとモノ言う奥さん。

スタッフさんも出演者もお客さんもみんな小川さんご夫妻が大好きで、集まってくる人はみんな優しくなれるんだと私は思う。

この記事でほんの少しでも興味を持ってくれた方は是非是非、あさがやドラムにお気軽に足を運んでみませんか?女性でも男性でも、お友達と一緒でも、お一人様でも出演者やオーナーさん、奥さんに話しかければみんな、気さくに話ができるはず。人見知りな私でもすぐに馴染める、優しくて不思議な空気が漂っている場所ですから・・・!

この記事を書いたユーザー

七歌(天乃ななえ) このユーザーの他の記事を見る

バイト戦士でうたうたいびと 現役コスプレイヤーの七歌と申します。オタクならではの視点で自分の目で見た事実を書いています。よろしくお見知りおきを!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ゲーム
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス