アルゼンチンに行ってコーラを注文するときに、、、

ブエノスアイレスの街を歩き、喉が渇いたあなたは近くのファーストフード店に入り、女性の店員さんにコーラを注文しました。
が、店員さんは笑いながらこちらを見ています。
いったいなぜでしょうか??

南米のスペイン語ではコーラは「お尻」というスラング

アルゼンチンの公用語はスペイン語ですが、このスペイン語には多くの方言があります。アルゼンチンや南米で使われているスペイン語では、コーラ(cola)は「お尻」という意味のスラングなのです。

あなたは女性の店員さんに向かって、"Cola, por favor(コーラをお願いします)"と伝えたつもりが、「お姉さん、いいお尻だね。お尻ちょうだいよ!」と伝えてしまったわけです。笑われてしまうのは無理はありません。

筆者は10代の学生のとき、勉強していたスペイン語を試そうとアルゼンチンに行ってコーラを頼むとき、同じ間違いを犯して店員さんに笑われた思い出あります(笑)。

ではコーラはどのように頼めばいいのか

アルゼンチンでコーラを頼みたいときは、"Coca por favor(コカ ポルファボール)"と言えばOK。
コカと言えば間違いなくコーラの意味で通じます!

くれぐれもお尻を注文しないようにしましょう!

この記事を書いたユーザー

YUICHI このユーザーの他の記事を見る

いい夫婦netというブログで、夫婦の日常や思ったことを書いています。Blog:http://efufunet.hatenablog.com

得意ジャンル
  • 料理
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス