「師匠シリーズ」を知っていますか?

師匠シリーズ。それは2ちゃんねるのオカルト板、「死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?(通称:洒落怖)」スレに投稿されたオリジナルの一連の短編作品。

「俺(僕)」が語り部として、大学で出会った「師匠」と呼ばれる先輩を中心に起こった出来事を綴る物語。2003年に初投稿、その後100を越える作品が投稿されており、その独特の世界観と練られた構成、個性あるキャラクターが読む人を魅了し続けています。

語り部である「俺(僕)」は作者であるウニ氏が自身をモデルにしているとのことで、2013年のコミカライズ、2014年の書籍化の際には主人公にはそのまま「ウニ」と名前が憑きました、いえ付きました。

そして現在、2016年に向けて映画、アニメ、ドラマ化に向けて映像化プロジェクトが進行中なのです。


「師匠シリーズ」映像化プロジェクト

田舎から出てきた大学1年生の主人公・ウニが、サークルで出会った霊感を持つ先輩“師匠”と個性あふれる仲間に導かれ、さまざまな都市伝説や心霊現象を体験していくオカルトホラー。

謎が謎を呼ぶ重層的な物語の果てには、未体験の世界が。

世界に足を踏み入れたとき、もうあなたは日常に後戻りできない―。

出典 http://www.damnedmaster.com

このプロジェクトには高杉真宙さんがイメージキャラクターとして参加。サイト内では「実写とアニメがコラボするこのプロジェクトのイメージキャラクターとして参加できた事をとても嬉しく思っています」とコメントしています。

出典 https://www.youtube.com

やだイケメン///

撮影時は背景のアニメが未完成だった為、想像で演じたとのこと。完成したトレーラー映像は「師匠シリーズ」を貫く独特の世界観と雰囲気があふれ出ています。

10年以上前、孤独にネットの海の底で怖い話のようなものをブクブクと呟いていたとき、それがだれかの耳に届いているのか、わからないままでした。
(略)
それでも私の小さな泡がこうしてささやかに世の中に広がっていて、たしかにだれかの耳に、胸に、届いていたことを知って、嬉しく思います。

出典 http://www.damnedmaster.com

原作者であり主人公であるウニさんのコメントです。いえいえ、あんなに私たちみんな楽しみに待っていたじゃないですか!!

「言葉という泡の力を感じているところです」とウニさんは語っています。

人間は二通りに分かれる。
霊が見える者と、見えない者だ。
また、霊が見える人間も二通りに分かれる。
霊を怖れ目を瞑る者と、
喜んで目を見開く者だ。

出典 http://www.damnedmaster.com

監督の清水厚さんの煽りです。
ニさんが生み出した世界に魅了された人それぞれの脳内にあった世界を外に出して形創った人です。

-じゃあ行こうか。

時空を超えて先輩から後輩へ受け継がれるオカルト道。
マジカル・ホラー・ツアーへ

出典 http://www.damnedmaster.com

では行きましょうか。
私が扉をお開けしましょう。

日常に潜む異界の扉を。

出典 YouTube

小人と巨人

189 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/04/27 23:09

さて、怪談じゃないけどこんなのはいかかが?

オカルト大好きな俺は知り合いやサークルの後輩先輩に節操無く「なんかない? 怖い話」と聞きまくる癖がある。

で、俺の歴代の彼女にも聞いてるわけだが全員1回だけそういう心霊体験をしてるという。それが変な類似点があって

一人目が「おかあさんと一緒に買い物に行った時、道端で小人が踊ってるのを見た」
二人目が「北海道に友達と旅行に行ったとき、コロボックルの死骸を見た」
三人目が「金縛り中に小人みたいな童女がお腹の上に乗ってた」

いずれも小人が出てくる。
不思議だ。

出典 http://2chhorror.ohuda.com

「師匠シリーズ」の幕を開いた初めての作品の前半。続き、気になりませんか?読み始めるとハマること受け合い。次へ次へと止まりません。

ガッツリくる怖さでもなく。当然グロでもなく。
解決するわけでもなく。なにか喉元につっかえたまま。
じわじわじわじわ。意味がわかって初めてゾクッてきたり。

さあ、あなたも戻れなくなってみませんか?


責任はとりませんが…。

これから夏ですからね。怖い話を読んでおくのも涼しくていいかも。そういう世界に浸っているとそういうモノを呼びよせるとも言われますしね!(え?

ありがとうございました!!
今後の展開に期待しています!!

※7月18日追記しましたので再アップ。

こちらもどうぞ。

この記事を書いたユーザー

まきの@うち このユーザーの他の記事を見る

酒と泪と家族とコネタをこよなく愛する40代半ばの週末料理人、たまに公式ライター。兵庫県生まれ兵庫県育ち。東京在住。主に飲み屋街に出没。人生はプロレス。生きものばんざい。涙腺弱い。胆石持ち。豆腐メンタル。アイドル好き。同級生の嫁、大学生の息子と中3の娘、そしてカメ3匹と暮らしています。BABYMETALが遠くに行ってしまい子離れに耐える親気分w (twitter: @makidekazu )

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス