パンではないんですが、ちょっと懐かしいような感じのお菓子を食いましたんで、チョロッとご紹介。これはどこで買ったんだっけか、マツキヨかな…。


外装全景

何とも言えんパッケージですなあ…。ミンナダイスキ、オイシイオヤツ、とかいうカタカナ文字が、大正時代辺りの商品コピーを連想させます。


原材料等

パンとは異なり栄養成分などは記載されてませんでした。原材料はごく一般的なものですかね。内容量は40gで心許ないレベル。


ブツ(開封時)

メッチャ黄色い。写真ではそうでもないが、実際の印象はもっと濃い色でした。


ブツ(さらに開封)

コラコラ撮影終わるまでちょっと待たんかい…という声もむなしく、早速家人の手がのびてますが…。見た感じ、普通の揚げ菓子ですね。


食べてみました

いただきましたところ…、まず第一印象はショッパイ。はい、ショッパイ、です。カレーというより、いわゆる塩味のかき餅とかそういう感じ。で、何じゃこりゃ?カレーちゃうやん、とか言うとったんですが、後からカレー君がやってきまして、総合的には立派なカレーテイストに変化。

といっても、カラムーチョみたいにガツンと来るスパイシーさではなく、何とな~く仄かに口中に広がる程度なんですがー。が、ですなあ、何故かその適度な感じが妙に美味しい後引き感につながりまして、無意識のうちに次から次に手が出てしまうという…。

で、気が付いたら、アッという間に食い尽くしてました。まあ、40gですしね…。いやホンマ、言うたらナンですけど決してメッチャ美味いって訳でもないんですよ、ないんですけど、魔法のように引き寄せられましたなあ…。これやったら数袋いけそうですな。


この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら