インドカレー

インドで発見された時のカレー、この後、イギリスに渡り、そして日本にやってきます。

カレールウ

なぜか日本に渡って来た時には、このような形になっていました。

ルー(roux)フランス語:小麦粉を油やバターなどの食用油脂で炒めて調理したもの。「ルウ」とも表記(品名では「ルウ」と表記)。


イギリスにもこういった形の物は存在しないようです。粉(スパイス)の物かビンに入った液体の物が主流。

イギリスから日本に来る途中、フランスで道草食ってたのか?


日本のカレーは、ほとんどが油で、スパイスは数%しか入っていないようです。
カレーによっては添加物がかなり入ってる物も多いようです。

なので、体に悪いって意見と、体に良いという意見に分かれるようです。

ちなみに私は、日本のカレールウで作ったカレーを食べた後、必ず気分が悪くなります。

下痢する人も多いようです。


スパイスのみで作ったインドカレーは平気なんですけど。

添加物大国と呼ばれている日本、カレールウの製造方法が気になる。






この記事を書いたユーザー

namby このユーザーの他の記事を見る

Malta在住、高知県人
2014年末からマルタに住むことになりました。
色々なヨーロッパを紹介していきたいと思います。
2015年7月に英国に引っ越しました。
色々な英国を紹介していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス