7月7日は七夕ですね!短冊にお願い事を書きましたか?

七夕というと、笹の葉に短冊や折り紙で作った色々なものを飾り付けてお願い事をするイベントですね!学校や大きなショッピングセンターの入り口などでも笹の葉と短冊が用意され、お願い事が書けるようになっています。

さて、なんとなく毎年7月7日は七夕というイベントがあるために色々行っていますが、そのイベント自体がどういった歴史を持っているのか知っていますか?そこで、七夕に関するお話を紐解いてみました。

そもそも七夕とは、どういったイベントだったのか?

「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。
選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために心をこめて着物を織ります。そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。

出典 http://www.jishujinja.or.jp

元々たなばたというのは「七夕」と書くのではなく、「棚機(たなばた)」というのだそうです。棚機(たなばた)という織り機を使い神様へ着物を謙譲する儀式のひとつだったようです。

あれ?織姫と彦星はどこへいった?!

涙なくして語れないラブストーリ?!織姫と彦星のお話

織姫の父親である天の神様は、年頃になった織姫の結婚相手を探しており、働き者の彦星を織姫に引き合わせました。
二人はすぐに仲良くなり結婚して楽しい生活を送るようになりました。

しかし、困ったことに仲が良すぎて二人は遊んでばかりになってしまいます。
すると人々の着物は古くボロボロになってしまい、また、牛たちは病気になってしまいました。

怒った神様は二人に天の川を挟んで暮らすように言いました。
しかし、あまりにも悲しむ織姫を不憫に思った神様は、一年の間で7月7日の夜だけは二人が会うことを許します。

出典 http://darekanotame.com

織姫と彦星の伝説ですが、いわゆる悲劇的なカップルというよりは自業自得で別れさせられた夫婦の話というのはご存知でしょうか?仕事もせず遊びほうけてばかりいた二人に対して怒った神様は、川を隔てて別れさせ1年に1回だけ会えるようにしたという、悲劇です。

この方々に祈って何か効果があるのか不安になってきました・・・。

祈るようになったのはいつから?

七夕が伝わって来た当初(平安時代から奈良時代の頃)は中国からの影響が強く飾りにも現れていて五色の糸を星にお供えする習慣があったようです。
その後の室町時代の頃になると、お願いをするものも書の上達などを願うようになり、それに伴って書道の道具である硯(すずり)や短冊に欠いた和歌等をお供えするようになりました。

出典 http://www.kyosei-tairyu.jp

伝承や風習が色々変わってきてそもそもはお供えという考えだったようですが、いつのまにかお願いをするという行事に変わってしまったようです。その際にお願いする相手が、織姫と彦星宛に変化したのかな・・・?という感じでしょうか。だれに対してのお願いというよりは、お願い事を書くという風習が根付いた感じかもしれません。

なんで笹なの?

笹には冬場でも青々としている事から生命力が高く邪気を払う植物として向かしから大事にされてきました。また虫などをよける効果もあり、当時の稲作のときには笹をつかて虫除けをしていたことや、天に向かってまっすぐ伸びる笹は願い事を空のおりひめ、彦星に届けてくれると考えられていたようです。

出典 http://www.kyosei-tairyu.jp

意外と実用的な理由で笹の葉が選ばれていたようですね!笹の葉が虫除けに効果があったとは知りませんでした。また、まっすぐ伸びる姿が、天高くまで願いを届けてくれるのでは、という人々の希望もあったようです。

天の川に託された願いが、叶うといいな♡

出典ぽんたす 撮影

『怠けてばかりいたら好きな人と遊ぶこともできなくなるよ』、『一生懸命働く(頑張る)ことで良いことがあるよ』というような、子供達へのメッセージ

出典 http://darekanotame.com

織姫と彦星の話を鑑みると、しっかり働かなければダメだよ!という教訓が含まれているという部分と、働くことで自分の想いが叶うかもしれないという希望が笹の葉に託されているような感じでしたね。色々な要因から、笹の葉に願い事を書くという風習が生まれ現代にまで繋がって受け継がれています。お願いする相手も、織姫と彦星宛ではなかったようです。

天の川に隔たれて別れさせられてしまった織姫と彦星、その2人が年に1度会える記念すべき日に願いを届ける先は2人のを思いをつなげる天の川なのかな?と私は感じました。

願いが叶うと、いいですね!

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら