お刀女子と審神者は何が違うのか

最近、日本刀が好きな女性が増えているとあちこちのテレビ局がこぞって放送している。しかし、どうやらテレビ局側は大きな勘違いをしているようなのである。

2015年1月14日にサービスを開始してから急激にユーザーを増やしている「刀剣乱舞」というゲーム。このゲームのユーザーである「審神者」とそのゲームがサービスを開始する以前から純粋に日本刀を好きな「お刀女子」を完全に混同しているようだ。

マスディアは〇〇女子だの〇〇ガールだの〇〇系男子だのとやたら付箋を付けて分類したがるけど、種の判断自体が正しいものではないから分類されている側からするとなんだか気持ちが悪い。

お刀女子とは

この記事に登場する、かまたみきこ先生は10年も前に刀匠の家で育った男子高校生が主人公の漫画「KATANA」の連載を始め、取材で現代の刀匠らと交流。日本刀の魅力にはまったとか・・・しかも女子だけの日本刀鑑賞会を開いたりとリアルな日本刀に対する愛があふれているではないか!!

日本刀という無機物に萌えられるという感覚はかなりの強者!!

お刀女子はもしかしたら我々、審神者の大先輩なのではないだろうか?!

そして審神者とは

審神者(さにわ)とは、古代の神道の祭祀において神託を受け、神意を解釈して伝える者のことである。 後には祭祀の際に琴を弾く者を指すようにもなった。 「さにわ」(歴史的仮名遣いでは「さには」)は、元は「清庭」(さやにわ)の意味で、神を祭り神託を受けるために忌み清めた庭(場所)のことを指したとする説が有力である。 『古事記』の仲哀天皇の段に、天皇が琴を弾き、武内宿禰が沙庭(さにわ)に居て神の命を請うたという記述がある。

出典 https://ja.wikipedia.org

これが本来の昔から使われてきた、日本語の審神者の意味

ゲーム『刀剣乱舞』におけるプレイヤーキャラクターの役職であり、転じてプレイヤーたち自身を指す言葉としても使われている。

もっとも、ゲーム内で刀剣男士たちがプレイヤーを呼ぶ場合は「主(あるじ)」などの言い方をすることが殆どで、実際に「審神者」という単語が登場するのはOPムービーや「戦績(プレイヤーステータス)」画面ぐらいのものであり、普通にプレイする上ではそれほど存在感のある呼び名ではない。
しかしながらユーザー間では プレイヤーキャラクター及びプレイヤー自身を指す言葉として大いに浸透しており、「刀剣男士」と並んで刀剣乱舞を代表するキーワードとなっている。

出典 http://dic.pixiv.net

そして↑が最近、巷で使われている審神者の意味

この審神者という言葉、ゲームの中では単なるプレイヤーキャラクターのはずだったしもしかしたら、ゲームの製作者ですら審神者という言葉をそこまで考えずに使っていたのかもしれない。だが、ゲーム自体の人気を更に上回る勢いでキャラクターに対する愛が様々な事案を発生させてしまったことも事実である。
勿論、噂にすぎないのかもしれないし、私自身が自分の目で見たわけではないのだが一応、ソースを貼っておこう。

そもそも刀剣乱舞とはなんなのか

刀剣乱舞(刀剣乱舞-online-)とは、DMMゲームズ(DMM.com)とニトロプラスによる刀剣育成シミュレーションゲームである。 公式での略称はとうらぶ。

なんのことやら意味がわからない方が多いと思うが、実在していた、日本刀を超絶イケメンに擬人化して、コレクションしつつ、育成していくゲーム。

ゲーム概要
2015年1月14日正午にサービスを開始。 DMM.comゲームズ×ニトロプラス(原作・キャラクターデザイン)がタッグを組んだ一般向けシミュレーションオンラインゲーム。 正式名称は刀剣乱舞-ONLINE-。公式ツイッターによる略称はとうらぶ。 名高き武器を擬人化した刀剣男士たちの主(あるじ)となり、彼らを育て、強化し、自分だけの白刃隊を結成しましょう!
<新規登録および登録者数について>
定期的にサーバを増設しているものの、参加希望者が多い事から新規加入が出来なくなる時期がある。サーバの増設や既存サーバの収容人数の増量の時期に関しては公式twitterで告知があるため、あぶれてしまった参加希望者はそれらの情報をこまめにチェックすると良い。 総登録者数はサービス開始から約4ヶ月で100万人を突破。 刀剣に関する書籍・美術館・刃物屋などにも需要が広がり、各地で刀剣の特別展覧会が開かれたり、書籍の重版が相次いだり、日本美術刀剣保存協会や徳川美術館のオンリーイベント出展が決定したりといった様々な動きがみられている。

出典 http://dic.pixiv.net

pixivさん、いつもありがとうございます!

平たく言えばとにかくイケメンが大勢出てくるゲームである。私の場合は二次元キャラがこの上なく好きなこと、趣味がコスプレであることからこのゲームに手を出してからキャラクターの設定や衣装に心惹かれて現在、とうらぶ沼から出られなくなっている。

恐らく冬コミ(冬のコミックマーケット)では刀剣乱舞のキャラ、刀剣男子のコスプレをすることになるんじゃないかと思っている。ぶっちゃけた話、刀剣男子のコスを本気でやろうとするとかなりの投資が必要なので実現できるかどうかは今後の努力次第といったとこなのだが・・・。

刀剣乱舞の人気は凄まじく様々なグッズが飛ぶように売れているし、今年の1月にサービスを開始したにも関わらず、既に日本各地で刀剣乱舞のオンリーイベントが予定されている。そのイベントの度に何かしらの騒ぎが起きていると話題になっている。

これ、調べてて思ったんだけどラブライバー、黒バスファン、審神者etc・・・。人気と勢いがあるゲームやアニメの熱狂的なファンは周囲の迷惑を考えない常識知らずで、問題行動ばかりしてるように騒がれてるけど、真意がわからない人間が面白半分に叩いてるようにしか見えないと筆者は思う。

カテゴリー分けは正確さが命

お刀女子という耳慣れない言葉をテレビで耳にした時、刀剣乱舞のユーザーで所謂、女審神者である、私は違和感を感じたのだが調べてみるとお刀女子の皆さんと審神者は確かに似て非なるものだとわかった。

お刀女子の皆さんは日本刀に対する愛。刀の持つ魅力と刀に秘められた歴史や時代背景、刀匠の思いや刀の持ち主の生き様にも思いを馳せているのだと思う。

我々、審神者は自分たちが育てている刀剣乱舞のキャラクターに対する愛から刀そのものに興味を持って美術館や博物館にまで足を運ぶようになったりした人たちなんだろう。

まあ、入り口は別だとしても平安時代から続く日本刀の歴史や美しさに心を惹かれていることは間違いないわけだが・・・。

これは一緒にされると恐らくお互いに違和感しかないだろう。

この記事を書いたユーザー

七歌(天乃ななえ) このユーザーの他の記事を見る

バイト戦士でうたうたいびと 現役コスプレイヤーの七歌と申します。オタクならではの視点で自分の目で見た事実を書いています。よろしくお見知りおきを!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ゲーム
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス