本日2015年7月2日は満月。しかも「ブルームーン」と呼ばれるちょっと特別な満月らしいのです。それが見られると幸運になれるというジンクスまであるということで、早速調べてみることにしました!

「ブルームーン」が今月やってくる!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「ブルームーン」にはいくつかの説があるようですが、

ひと月(暦月)に満月が2回巡ること。その2回目とは限定されない。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

とあるように、一ヶ月の間に2回満月が訪れるという現象。

1ヶ月の中で2度の満月を迎えると言うことがなぜBlue Moonと呼ばれるようになったかについては諸説があり明確になっている訳ではありませんが、一例では英語のDouble Moon「2度の満月」が変化したという説や「とても稀なこと」を表すこととして"blue moon"と呼ばれるようになったとも言われています。

出典 http://www.moonsystem.to

とあるように、呼び方が「ブルームーン」になった所以にも諸説あるようです。

従来、海外では不吉なことへの前兆と言われてきたが、近年では「ブルームーンを見ると幸せになれる」という言い伝えが言われるようになっている

出典 https://ja.m.wikipedia.org

そんな「ブルームーン」は、近年では幸運になれるというジンクスとして知られています。そしてちょうど今月、2015年7月がまさしく満月が2回ある月なんです!日にちは今日7月2日と、31日。見逃すわけにはいきませんね!

ツイッターでは話題に!

ツイッターでは、この「ブルームーン」にまつわる話をつぶやく人が続々。

奇跡が起こるよう願う方や…

3年前の写真を懐かしむ方や…

誕生日と重なって喜ぶ方も。

気付いてよかったです!

どうせだったら見たいですよね。

何かパワー(?)を感じている方も。

まさしく満月パワーに“授かる”といったところでしょうか!?

気合十分です。

嫌なことも忘れられるといいですね。

でもそれは間違いだった!?

ここまで紹介してきた、1ヶ月の間に2度の満月を迎える「ブルームーン」ですが、実は後に間違いだったことが確認されています。

1960年代の初めに米国の天文雑誌で1ヶ月の中で2度の満月を迎えるとき2回目の満月を"bluemoon"と紹介したことがあり現在でもこのように紹介されることがありますが、この記事については後に間違いであったことが認められています。

出典 http://www.moonsystem.to

メイン州の農暦では、Blue Moon は、二分二至(春分・夏至・秋分・冬至)で区切られた季節の中に4回満月があるときに、その3つ目をブルームーンと呼んだ

出典 https://ja.wikipedia.org

という説もあり、正しくは定まっていないようです。

1ヶ月に2度満月があること自体は珍しい!

残念ながら天文学の中できっちり定められた「ブルームーン」が今日であるわけではなかったのですが、1ヶ月に2度満月があること自体は珍しいには変わりありません。

2009年12月02日・31日
2012年08月02日・31日
2015年07月02日・31日
2018年01月02日・31日
2018年03月02日・31日
2020年10月01日・31日

出典 https://ja.wikipedia.org

と、ここ最近を見ても3年に1回程度しかないことがわかります。つまり今夜の満月と31日の満月を見られたら、それは「貴重なこと」に違いないのです。そう思うと、見られたこと自体が幸運なのかもしれないですね。

皆さんはこうしたジンクスを信じますか?身近な人と話してみるのも楽しそうですね。

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス