聖地で出会った憧れの車

2010年、ジュニアモデルとしてレッスンやファッションショー、撮影会などで東京に週末、通っていた頃。

当時からいっぱしのオタクであった、私は聖地秋葉原で衝撃の出会いをしました。

初めて生で見る、痛車

当時、中1の私は憧れの目で痛車を見つめていました。

大人になって免許が取れるようになったらあんな車に乗りたい!!そう思ったものでした。都会では痛車を見かけることはそう珍しいことではないかもしれませんが千葉の海と山と田んぼと梨畑しかない、田舎町育ちの私はあんなにかっこ良くて、可愛い車が街を走っているという事実に驚愕し感動すらしていました。

その頃、既にコミケを初め色々なコスプレイベントにも参加していたにも関わらず、私はコスプレと痛車の接点を知らずにいました。

が!!実は意外にもコスプレと痛車って接点が多いのです。

ニコニコ超会議やコミックマーケット、東方Project作品のオンリーイベントである博麗神社例大祭などの同人誌即売会ではコスプレ参加が許されるのです。

そこはコスプレイヤーにとっては一般の方にも自分のコスプレを見てもらえて、テレビや雑誌などのメディアにも取り上げてもらえるかもしれない、数少ないチャンスの重要な場所。その時にマスコミからコスプレに勝るとも劣らない、注目を浴びるのが痛車の展示ブースなのです。

そこでなんと!中1の頃から憧れていた痛車と共にコスプレの写真を撮らせて頂けるという素晴らしいことが起きたのです。

2010年4月の初めてのニコニコ超会議でのこと。当然のようにコスプレ参加していた私。
ニコニコ動画が初めて行った大規模なリアルイベントならば!!と選んだのは東方Projectのフランドール・スカーレットちゃんのコスプレでした。

痛Gふぇすたがニコニコ超会議に出張してきていた!

出典 http://ascii.jp

可愛いミクさんの痛車

想像以上の人混みの中、流れに押されて辿り着いたのが痛車の展示ブースでした。
初音ミクちゃんを筆頭にボーカロイドの痛車やアニメキャラやゲームのキャラの痛車。
それらが大集結している様を間近で見られる、夢の様な状況。そう、痛車のイベントである痛Gふぇすたがニコニコ超会議に出張してきていたのです。

そこで私の目が釘付けになったのは東方Projectの痛車が集まっていたゾーン!!

フランちゃんのCopenと一緒に!

オーナーさんはガルさん

オーナーさんたちは皆さん、紳士的で質問すると色々、説明してくださいました。
痛車を間近でしかもその内装まで見せていただいたり・・・。その日、私がやっていた、フランドール・スカーレットちゃんの痛車と一緒に写真を撮らせていただいたり・・・ちょっとシートに座らせて頂いたりもしました。

まさかの!

痛車の座席に座らせていただいた!

そこで⑨でお馴染みのチルノの痛車を発見してそのあまりの可愛さに一目惚れ!
これがチルビアたんとの出会いでした。お願いして写真を撮らせていただきました。
快く許可を下さる親切なオーナーのやよいひめさん!!

チルビアたん!

この出会いが2014年5月に繋がる!
ご覧いただければ分かる通り、チルノのシルビア、チルビアたんである。

お分かりだろうか?

茂原DE痛車2012 での一枚!!

なんと!チルビアたんに乗せて頂いてサーキットを走る・・・というもの凄い経験をさせていただいたのです。

実は実家のすぐそばで行われる、この痛車イベントに参加される、他の痛車のオーナーさんにコスプレもできるから遊びに来れば?とお誘いいただいたのです。

サーキットで走る沢山の痛車を見られるチャンスなんて!!!もう、ワクワクしながら母や親戚のお兄ちゃんと一緒に茂原ツインサーキットに駆けつけたわけです。

ちゃんと助手席に乗ってるんだよ!

よく見ないとわからないかもしれない・・・が確かに乗ってるんだ!!

普通にコスプレして痛車と一緒に写真が撮れるっていうだけでもテンションが上がるのに光栄なことに痛車に乗せて頂いてサーキットランに参加させてくださるというサプライズまで用意してくださいました!!

このチルビアたんは車の元々のお値段とほぼ同額の内装、外装費用をかけているそうでカーステレオとかモニターとかも凄く凝っていて、車のことなんか何も知らない私でも何だかよくわからないけど凄いということだけはわかりました。

とにかく愛情と夢を形にするとこうなるんだという・・・。サーキットを何周かしただけだったけど、私的にはせっかくチルビアたんに乗せて頂いているのになんで霧雨魔理沙のコスなんだ!確かに同じ東方Projectの作品ではあるけどこれは本当に申し訳ない!!と思っていました。

そして!いつか、チルノのコスでチルビアたんと写真を撮らないと!!と深く心に誓ったのでした。

そして!ついに!!!

念願だったチルノコスでチルビアたんとお写真を撮らせていただいた!!!

2012年5月にお台場で行われた痛Gフェスタというイベントでちゃんとチルノのコスでチルビアたんと写真を撮らせていただきました!!

今更、なんで3年も前の話を記事にしてるんだ?と思われる方も多いと思いますが、

このツイートがタイムラインで流れてくる度にカチンと来てまして・・・。痛車のオーナーさんは皆さん、紳士的でいい人しか私はお会いしたことがないのできっと笑ってスルーしてるんだと思います。

でもね、なんて小憎らしい妹なんだ!ってbotだってわかっててもなんかちょっと、腹が立ちます。

今回、この記事を書かせていただくにあたり、久しぶりにやよいひめさんのTwitterにDMを送らせていただいたのですが、快く許可してくださり、ああ、痛車のオーナーさんは皆
さん、いい人だなーと再認識したので!!

最近はオタクに対する偏見を植え付けようとしてる流れみたいなものを私が一人で勝手に感じてまして、知らないものを勝手な想像だけで判断はしてほしくないなーとこんな記事を書いたわけです。

最近は週末、ほとんどライブが入っていてなかなか、イベントにも参加できない
状況ですがいつか、痛車イベントにも参加して、またやよいひめさんとチルビアたんをはじめ、お世話になった他の痛車のオーナーさんたちにもお会いしたいなーと思っている、七歌17歳でした。

この記事を書いたユーザー

七歌(天乃ななえ) このユーザーの他の記事を見る

バイト戦士でうたうたいびと 現役コスプレイヤーの七歌と申します。オタクならではの視点で自分の目で見た事実を書いています。よろしくお見知りおきを!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ゲーム
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス