『うどん好きには、たまらない!』
そんな声が聞こえてくるのが、
香川県さぬき市にある「津田の松原サービスエリア」。

「津田の松原サービスエリア」には、
地元の方はもちろん、帰省客や観光客で賑わう
セルフうどん屋さんがあるんです。

そのセルフうどん屋さんの名前は、あなぶき家!

日本全国のうどん好きな人たちは、
このあなぶき家の本格的な、コシのあるうどんを食べに、
国道を走行せず、わざわざ高速道路を選ぶ人も少なくないとのこと。

なぜ、あなぶき家のうどんが好まれているのか??

実は、その理由は、小麦粉にあるんです!
一般的なうどんに使用されている小麦粉は、
オーストラリアをはじめ、アメリカなどの外国産が使用されているのですが、
あなぶき家の小麦粉は、100%香川県産のうどん用小麦粉を使用!

あのコシの強いうどんは、地元香川県の成せるワザだった?!

ちなみに、あなぶき家は、津田の松原サービスエリア上下線どちらにもあり、
営業時間は、朝10時から夜9時まで、年中無休で営業しているとのことです。

うどん好きさん!
うどん県まで、足を運んだ際は、ぜひ、「津田の松原サービスエリア」に立ち寄り、
本格的なうどんに舌鼓みを打って下さいませ。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス